自分が今何をすべきか?何がゴールか?をスケジューラーに記録して、生産性を 高めてみよう。 #習慣化

先日カレンダーアプリのSunrise Calendarを紹介しましたが、
今日はスケジュールの立て方について、考えたいと思います。
その時の基準になるのが、誰の人生を生きるのか?と言う至極当たり前の質問です。

自分の人生を生きるのであれば

自分のスケジュールを他人任せにするわけにはいきません。
自分のやりたいことを作り出し
しっかりとスケジュール表の中に登録して
周りにも自分の意志を示しましょう。
これがないと結果として、人に使われやすい人になってしまいます。
もし、カレンダーが他者と共有されているのなら
人に使われないように、しっかりと時間をコントロールし
自分のやるべきタスクに集中する癖をつけましょう。

かのジム・ローンもスケジュールの重要性について語っています。
自分自身の計画で空白を埋めなければ、他の誰かの計画に組み込まれるしかない。

他人に自分のスケジュールを組み込まれていては、創造的な時間は作れません。
Googleカレンダーなど多くのスケジューラーでは
プロジェクトメンバーとのスケジュール共有が可能ですから
放っておくと、メンバーに自分の時間を占拠され
気づいた頃にはにっちもさっちもいかなくなってしまいます。

これを防ぐことを事前にしておくことで
自分らしく仕事をこなせるようになるのです。
私の場合、事務作業が苦手なので、月に何度かは
それに集中する時間を作るようにしています。
月初に事前にそのための時間を登録して
他の人にスケジュールを埋められないようにしています。

また、週に二回1時間づつ、ビジネスの最新情報をインプットする時間を作っています。
自分の自由になる時間を積極的に作ることを心がけないと
本当に仕事に押しつぶされしまい、いつの間にか新しい情報のない
自分オリジナルの武器を持たないビジネスマンになってしまいます。
これでは価値を作れず、指名を受けることはできません。

最近のビジネスが課題解決型に移行していく中で
自分を成長させる時間を作っておかないと自分の存在感を示せなくなっています。
できる限り自分を高めるためのインプット時間を予め設定しておきましょう。

また、今の時代は人脈がものを言う時代です。
12時や13時からの会社以外の人とのランチタイムを設定することで
他の業界の方の視点を学び、ビジネスのヒントにすると良いかもしれません。
数人のランチに新しいメンバーを加えることで、出会いをデザインできるようになります。
ランチタイムぐらいは自由に設定して、はやっている店に出かけ
センスを磨いたり、繁盛している理由をみんなで考えるなど
マーケティングをテーマに話しても良いかもしれません。
忙しいとどうしても閉じた世界に籠ってしまいますから
月に何回はこういった異業種のメンバーとのランチを設定しておくことも
私のお薦めです。(ランチが難しい場合は朝活などの勉強会に参加しましょう!)

自分のスケジュールをしっかりとコントロールすることで
時間を上手に使えるようになります。
あえてインプットや交流など時間に制約を設けることで
働く時間を短くしてしまうのです。
これで短時間で集中するスタイルを身に付けることもできます。

経験を積んでいき、仕事にかかる時間を事前に見積もるようにして
その時間内で仕事を終わらせるようにすると自然と生産性をアップできます。
デッドラインを設けて、スケジュール管理をすることで
ダラダラ長時間働くことを防げるようになるのです。

いずれにしてもスケジューラーには、今、自分が何をすべきかを
登録することがポイントになります。
例え、自由な時間としてスケジュールに登録していても
それがインプットする時間なのか?
アイデア出しをする時間なのか?を決めておかないと
結局は無駄に過ごしてしまい、意味のない時間になってしまうことが多いのです。
できれば、その時間でやるゴールイメージまで書いておいたり

EvernoteSunriseの連携が強化され
Evernote内ににメモした時間指定のリマインダーがカレンダー内に
表示されるようになりました。
カレンダーからEvrnoteのメモの続きを整理できるようになり
事前に書類を探すなどの準備の手間が省け、すぐに作業に移れます。
こういった連携が進んでいくと生産性は間違いなくアップしますね。

iPhoneのアプリ同士を連携することで
ビジネスの生産性を

今日も読んでいただき、ありがとうございます!

  
PHOTO CREDIT

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る