集中力を強化するiPhoneアプリ3選! #iPhone #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
静かすぎる環境が苦手で、少しぐらいノイズがある空間の方が私は集中できます。
特に、カフェで働くことが多い私は、いすやカップの音があると落ち着けます。
図書館などの公共のスペースや会議室で一人で作業するときでも
カフェの疑似空間を作り出すと集中できるようです。
そんなときに便利なのが、Coffitivityというアプリ。
Coffitivityはその名の通り、カフェの雰囲気を醸し出してくれるアプリです。
使い方は簡単でアプリトップ画面の再生ボタンを押すだけです。
これでカフェの中にいるようなざわつきが楽しめます。
自分のミュージックライブラリーを使えば
あたかもカフェでBGMを聞いている感覚で、仕事に集中できます。
気分に応じて音楽をセレクトすれば、自分ならではのカフェ空間が作れるのです。
また、集中力プラス!というアプリもお薦めです。
左右の耳に周波数の違う音を聴かせて、その周波数のギャップで
脳が周波数を合わせてしまうという特徴を活用した音(バイノーラル・ビート)
集中力を高めてくれるのです。
「仕事効率の向上」リラックス」などの目的に合わせて
異なるビート音を流してくれます。
「SET THE BGM」をタップすると、BGMをセレクトできます。
かえるや焚き火などの自然音や戦闘音から好きなBGMを選びましょう。
BGMは重ねる事こともできますので、自分の気分に合わせていろいろ試してください。
時計のアイコンからタイマーを設定できます。
SOUND」と「INTERVAL」とで設定でき、休憩時間を教えてくれます。
サウンドが一周りするとでリピートしてくれますので、長時間の集中時にも使えます。
私の場合は30分から1時間で原稿を書くことが多いので
いつも1時間で設定して、締め切り時間以内に終わらせるように集中します。
締め切り時間を決めると、集中度も変わりますから、ぜひこのタイマーは使用ください。
なお、バイノーラル・ビートは左右から異なる周波数を出すので
ヘッドホンで聞くのがおすすめですし、効果的です。
ヘッドフォンで外界を遮断し、仕事や勉強に集中したい方にはこのアプリがお薦めです。
最後に環境音アプリのNoisliをご紹介します。
こちらのNoisliは200円で有料ですが、UIがおしゃれで使っていて楽しいです。
電車や雨音やカフェなど16種類のアイコンをタップするだけで、環境音が流れます。
バックグラウンド再生や、スリープ時の再生にも対応しています。
環境音は複数組み合わせができるので
自分オリジナルの集中音を作成してみるとよいですね。
Noisli再生すると背景の色が変化します。
画面右下の時計アイコンからタイマーの設定もできますから
デッドラインを決めて、集中しましょう。

以上3つの集中するアプリをご紹介しましたが、どれもお薦めです。
気分にあわせて、使ってみるとよいでしょう。
集中することをアプリで習慣化できれば、ビジネスの効率も上がるはずです。

Coffitivity

集中力プラス!

Noisli

今日も読んでいただき、ありがとうございます!
  

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る