Day OneならiPhoneで日記を簡単につけられる! #習慣化 #読書日記 #Day One

ブログ

Evernoteで日記を残して、振り返りをする方法を先日このブログに書きましたが
今日は写真で簡単に日記を付けるアプリをご紹介します。
ビジュアルで思い出を残すことで、過ぎ去った過去が鮮明によみがえります。
iPhoneのカメラロールに写真を保存するだけでなく
一言コメントを残すなどすれば、過去の写真が資産になるのです。

Day Oneという日記アプリを使えば、気楽にログをiPhoneから残せます。
シンプルかつファッショナブルなUIですから
日記を書くのに負荷がかかりません。
iPhoneのカメラで自分の日常を切り取りながら、Day Oneで思い出を残していきましょう。

トップページのプラスボタンタップすれば、すぐに日記をスタートできます。
本当に洗練されたシンプルなUIの理想的な日記アプリで
これを使えば、日記の習慣化ができそうです。
写真付きの日記を作成する時はカメラアイコンを選択し、撮影するだけです。

例えば、読んでいる書籍の表紙を写真に残して
印象的な言葉をメモで保存すれば、読書日記を簡単に作成できます。

便利なのはLast Photo Taken!という機能。
これをタップるとカメラロールの最後の写真が自動で添付されますから
撮影した後でメモやコメントをすぐに書けます。

一日の振り返り日記を付けることを忘れないように
iPhoneからリマインダーの設定もできます。
このリマインダーでビジュアル日記を習慣化していけば
過去と現在、未来を写真を基軸に繋げられるのです。

Day Oneに保存された写真やコメントはカレンダー画面からチェックできます。
過去の写真やコメントを見返すことで、自分の足りない部分に気づけるのです。
特に、私の場合は、読書日記として活用しているので、本の表紙を見るだけで
学んだにも関わらず、できていないことを瞬時に思い出せるようになりました。
この振り返りで、再びアクションを起こそうと思えるのです。

iCloudやDropboxとの同期も設定画面から簡単に行えます。
初期設定はiCloudですので、お好きなサービスを選択ください。
私は、Dropboxに写真をストックしているので、Dropboxを選びました。

私にとってEvernoteは、検索で過去をテキストとビジュアルで振り返るツールなのですが

このDay Oneは、写真とカレンダー機能でそれができるアプリだと思います。 
両方を上手に使い分けることで、過去の記録が未来の資産になるのです。
Day Oneでビジュアル日記を付けることで、未来を変えてみませんか?
今日も読んでくださり、ありがとうございました!
  
Loading Facebook Comments ...

コメント