レオ・バボータの目標達成のためのたった一つのシンプルなルール。#習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

早いもので、今年も折り返し地点を過ぎ、後半戦に突入しています。

今年の元旦にいろいろな宣言をした人も多いと思いますが
皆さんの目標達成率はいかがでしょうか?
私は今年はよいペースで動いてますが、まだまだできていないことがあります。

新年を迎えると、 「あれをやろう」「これをやろう」 といろんな欲が出てくる。 しかし後で振り返ると、 実際には思い通りになっていないことが多い。 その理由は、ゴールをたくさん設定しすぎることだ。 年にひとつか2つのゴールに減らして集中しよう。重要度が低いゴールには、あとで取りかかればいい。

Zen Habitsという禅ブログで有名なレオ・バボータ
減らす技術 The Power of LESSの中でゴールはシンプルにすべきだと書いています。
そして、目標にフォーカスし、集中することが結果を残し
重要度の低いゴールは先送りすべきなのです。

確かに優先順位をつけないと、目標は達成できません。
一度に多くのタスクをこなすことは、普通の人にはなかなか難しいと思います。
私は最近、好きなものだけをやるように心がけています。
自分が苦手な分野はできるだけ、他の人の力を借りるようにしています。
自分ができないことをやり始めると時間はいくらあっても足りません。
これでは、ゴールは遠ざかるばかりですから
自分がやるべきことやらないことを明確に区別すべきなのです。
そして、やるべきことにフォーカスし、日々アクションを起こしましょう。
 
やらないことを決めると頭が軽くなりスッキリします。
好きなことのみやるこのシンプルなルールを取り入れると
生産性は間違いなくアップします。
そして、同時にストレスも減らせるのです。
 
タスクを減らすことが目標達成の近道だと信じれば、決断もより早くなると思います。
無駄なことを悩んでいるのは、本当に時間の無駄ですから
やらないことをまずはリストアップし、本当にやるべきことに集中ししましょう。
 
そして、決断するときの判断基準は自分を成長させることと
好きなことを判断基準に置くとよいと思います。
自分を成長させてくれることが、人生を楽しくしてくれると私は思っています。

レオ・バボータは仕事も文章もシンプルが良いと次のように言っています。

人生はシンプルなほどいい。 余計な雑音を排除すれば、 自分の好きなことを楽しめる。 仕事もシンプルなほど調子が出る。 文章だって、シンプルなほど力強く訴えかける。 余分な言葉をどんどん削っていけば、 核となるアイデアを伝えるのに、 必要な言葉だけが残る。 私が人生に求める「シンプル」とは、 やることそのものを減らすことだ。

後半戦のゴールを改めて明確にし、そこにフォーカスすることを決めました。
シンプルなルールで今日もアクションを継続していきたいと思います。
今日もこの習慣化ブログを読んでくださり、ありがとうございました!

やらないことリストの関連記事
やらないことリストの関連記事②

  

PHOTO CREDIT

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る