100の夢リストの改訂版を作って、日光のパワースポットで宣言してきました。 #習慣化

ブログ
「あなたの未来を創るのに、過去の出来事は参考にならない。」という
ワーナー・エアハードの言葉を信じて、絶えず変化を楽しもうと思っています。
以前100の夢リストを作成したのですが、書くことで思考が現実化していき
新たな出版や旅行、ビジネスなど多くのものが引き寄せられてきました。

これまでに何度か100の夢リストには、リストを追加しています。
今回は折角なので新たな夢のリストを追加する作業と同時に
今までの気持ちを感謝する意味をこめて
大好きな日光で一日を過ごすことにしました。
東照宮二荒山神社裏見の滝竜頭の滝などのパワースポットで
エネルギーをチャージしながら新たなリストを追加し
潜在意識の中に刷り込んできました。

過去の自分をいったん今日で整理して
新たな自分を作ろうと思ったのにも意味があります。
新しく作ったリストを自分の中に落とし込むために
パワースポットで一人で過ごし、自分との対話を楽しんできたのです。

100の夢のリストを書くと良いと言ったのは
ジャック・キャンフィールドなのですが
新たなリストをいくつか追加し、自分に刷り込む中で
ジャック・キャンフィールドの「引き寄せの法則」を生かす鍵を読み返しました。
その中で「自分が望むことを決め、自分がそれに値すると思えばよい」という
以下の素敵なフレーズに出逢えました。

自分が夢に値することを知る実現できるかどうかを考え、夢やビジョンを検閲するのはやめよう。あなたは目標を達成するためのすべてのステップを知っている必要はない。ただ自分が望むものを決め、自分がそれに値することを知るだけでいいのだ。自分にはそれができると信じ、運を天に任せるのだ。無限の可能性に自分自身を委ねきり、奇跡が起こるのを見守るのだ。 こんなふうに言ってもいいだろう。(「引き寄せの法則」を生かす鍵から引用

私は新たな目標を決め、それを自分が望んでいるということを
今日一日かけて、日光というパワースポットでエネルギーをチャージしながら
自分の潜在意識に何度ももうそれが実現したように語りかけてきました。
そして、その夢の実現を信じられるようになりました。

これで今日は忘れられない一日になりましたし、夢も更に強化できました。
昨日までの自分とは違う目標に向かって一歩を踏み出したのです。
「あなたは価値のある目標に向かって一歩を踏み出したとたん成功する。 」という
チャック・カールソンの言葉を私は信じて
今日は大きな一歩、いや二歩を踏み出したのです。

なぜなら、二歩進めば、もう後戻りできないとよく言われているからです。

ジャック・キャンフィールドは夢や目標が自分だけでなく
他人への利益にもなるとよりよいと言っています。

ところで、もしあなたの目標や夢が、あなた自身だけではなく他人の利益にもなるものなら、より高い波動が生み出され、宇宙が目標の実現に手を貸してくれるだろう、どうにかして、家族や友人やコミュニティに貢献する方法を考えてもらいたい。実際にあなたの魂に訴える活動を見出すことを心がけ、それに打ち込んでもらいたいのだ。まず自分の時間を捧げることや寄付することからはじめるといいかもしれない。わたしたちは全員、実際につながっているので、他人への奉仕は自分自身への奉仕にもなる。  

家族や仲間だけでなく、より広い世界に時間を費やすことも大事だと
最近、いろいろな方からよく聞きますが
私ももう少し自分の世界を広げていこうと思っています。
今日からは今まで以上に寄付やボランティアを考えてみようと思います。
「他人への奉仕は自分への奉仕になる」という言葉を
今日から自分のアフォメーションに追加しようと思いました。

アナトール・フランスが言うように
私の100の夢リストの改訂版を夢を見ながら、信じようと思います。

偉大な物事を成し遂げるには、行動するだけではなく、夢を見なければならない。計画を立てるだけではなく、信じなければならない。

今は8月15日の18時半ですが日光に近いカフェで
今日の一日を振り返りながら、ブログを書けました。
ぜひ、みなさんも夢の100リストを作成してみてください。
間違いなくこれでよいことが引き寄せられるようになりますよ。

今日も読んでいただき、ありがとうございます!

ジャック・キャンフィールドの関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント