ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術 私の朝のiPhone活用術を紹介します。 #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝早く新鮮な空気の中で散歩に出かけ、帰宅すると気分が晴れ晴れとして、さわ爽やかな別人になっていることは良くあります。(メリー・エレン・チェース)

さきほど、ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術見本誌が届きました。
新しい書籍が出る度に、晴れやかで嬉しい気持ちになれます。
普通のビジネスパーソンだった私が
こうして5冊目の書籍を出せたのも応援してくださるみなさんのおかげです。
改めて感謝申しあげます。
 
朝早く起きる習慣と200 8年に日本で発売されたiPhoneが
私の人生を劇的に変えました。
夜型だったライフスタイルを朝型にシフトし、iPhoneを徹底活用することで
私はインプットやアウトプットのための時間を手に入れました。

私の朝はiPhoneとともにスタートします。
それは以下のような毎朝の習慣になっています。

朝起きると、寝床の横にあるiPhoneを取り出し、5分間の瞑想をスタートします。
次にEvernoteに昨日の反省と感謝を書き出し、頭を整理します。
この自省で、今日に集中できます。
Sunriseカレンダーでスケジュールをチェックし
今日のミーティングがポジティブになるようにイメージし
1日を気持ちよくスタートするのです。
昨晩から今朝までの仕事メールやメルマガのチェックもこの段階でしておきます。
私は最近では2つのメールアプリを使っています。
まずは、Inbnxで重要なメールをチェックします。
その後、Intrayでメルマガを読みながら
面白かったり、ブログに役立ちそうなモノは
スワイプ操作でEvernoteにどんどん保存していきます。
 
ここまでが寝床の作業で脳も完全に動き出しています。
朝の早起きでこれらの作業を集中することで、やる気がチャージできます。
 
通勤の際には、Smartnewsでのニュースチェックと
KindleやKikuplayerからの隙間時間を活用した読書で
朝のインプットを心がけます。
この一連の作業後ブログのテーマを決めて、Bloggerアプリでブログの下書きをします。
今も電車内でこのブログを書いています。毎朝4、5時頃から起き始めて iPhoneを活用することで
私の生産性は間違いなくアップしました。
今回その方法をソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術でご紹介しています。
来週にはアマゾンで発売予定ですので、ぜひ応援よろしくお願いします。
 
12月2日にトリプル出版記念セミナーを開催します。
【デザインとマーケティングのスペシャリストの3人が考える未来の創り方】
内容は3部制で各人のテーマは以下になります。
■ウジトモコさん
「2015年のビジュアルトレンド予想と視覚マーケティング戦略入門」
■徳本昌大
「iPhoneアプリ習慣術に学ぶ2015年のタイムマネジメント&アウトプット術」 
■理央 周氏
「中小企業・個人事業主の成功と失敗事例:なぜか売れるの公式と3つの戦略」お申し込みはこちらのコクチーズからよろしくお願いします。
  
 
スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る