諦めずにチャレンジしたくなる名言7 私の2014年をよくしてくれた言葉をセレクトしました! #習慣化

今年最後のブログを書いています。
私にとっての2014年は新たなチャレンジの年でもあったのですが
夢を諦めない年でもありました。

スクリーンショット 2014-12-31 19.54.56

いつかは出版という夢が2011年に叶ってからは
定期的にアウトプットをして、人々の役に立つことを目標にしてきました。
時々、ブログや記事の更新で挫けそうになりましたが
何とか継続していく中で、今年の正月に決めた2冊の紙の書籍を
リリースするという夢も実現しました。

 
私のような普通のおじさんビジネスマンが
今年1年で二冊の本を出版できたのですから
ブログを毎日書き続けるということは、価値があることなのだと思います。

ブログを書き始めたときは48歳になる寸前でした。
今から4年ほど前のことですが、当時の私は勇気がなく、書くのを何度も躊躇していました。
今更、よい年をしたおじさんが、実名でブログを書く?ということに
勝手にハードルを設けていたのです。
一方、心の中のもう一人の自分には
書きたいという強い気持ちがあったので
悩んだ末に、人の視線を無視することを決めました。
その時に私の背中を押してくれたのが、マーガレット・デランドのこの一言でした。

年をとったからこんなことはできない、そう思ったら今すぐやったほうがいいわ。(マーガレット・デランド)

いくら年をとったとしても、残された人生の中で、今日が一番若い日なのですから
やりたいことは先延ばしにしないで、すぐに始めた方がよいのです。
やりたいことに優先順位をつけないと、やりたくないことに振り回されます。
今やらないと年を重ねて行くうちに、どんどん忙しくなって、やれなくなるのです。
やろうと思ったときには、年を取りすぎて
体力や気力がなくなくなっているかもしれません。

このマーガレット・デランドの言葉以外にも
私のチャレンジマインドに火をつけた言葉がいくつもあります。
今日はアクションしたくなる7つの名言をご紹介して
2014年の最後のブログを締めたいと思います。

後悔とは、やってしまったことにするもんじゃなくて、やらなかったことにするもの。だから私はチャンスがきたら必ずトライするわ。(キャメロン・ディアス)

アクションを起こすのは今がベストなタイミングですから
やると決めたならその気持ちを諦めないでチャレンジしましょう。
キャメロン・ディアスのこの言葉は、とてもパワフルで読むたびに元気になれます。

幸せになりたいならば、「あの時ああしていれば」と言う代わりに、「この次はこうしよう」と言うことだ。(スマイリー・ブラントン

スマイリー・ブラントンは変えられない過去に拘るのではなく
今以降の未来の行動を変えるために時間を使うべきだと言います。
過去の行動をくよくよ悩むのはやめて
ワクワクの未来のためにアクションを起こしましょう!

目の前の恐怖に真っ向から立ち向かう経験をするたび、あなたは強さと勇気と自信を身につけることができるのです。そして、「この恐ろしいことが切り抜けられたのだから、次にどんなことが来ても大丈夫だ」と言えるようになる。(エレノア・ルーズべルト)

新しいことにチャレンジするときには、いつも恐怖がつきものです。
子供の頃を思い出せば、自転車に乗るのも怖かったものです。
大学生のときに初めてアメリカに入国したり、ホテルを探したときも恐怖感がありました。
しかし、一度経験すれば、次からはその行動は苦にならなくなります。
若いときに多くの経験をすればするほど、恐怖心を撃退できるのです。
経験に勝る武器はないのですから、チャレンジすることを恐れてはいけないのです。

恐怖心と向き合い、それをリストアップし、中身をよく知れば、恐怖心を乗り越えて前進することができる。 (ジェリー・ギリーズ)

また、行動を妨げる恐怖心がリストアップすればよいのです。
書き出すことで頭が整理でき、解決法が見つかります。
脳は悪い方、悪い方に考えがちですから
恐怖の正体を明確にすると案外簡単なことが多いのです。
一歩進んで、悩みをブログやソーシャルメディアに書き出すと
見つけてくれた誰かが、その悩みを解決してくれるのです。

世の中を渡っていくのに一歩を譲る気持ちが大切である。一歩退くのは、のちのち一歩を進めるための伏線となる。人を待遇するのに少し寛大にする心がけが望ましい。他人に利を与えるのは、実は将来自分を利するための土台となる。(菜根譚


この一歩を譲って、利を他者に与えるという行動が、結局は自分に返ってくるのです。
与えることを習慣化すると気持ちも豊かになり、人のために行動するのが楽しくなります。
他者の視点でモノを考えるようになると、ビジネスの課題が見つかります。
菜根譚は人生について学べる素晴らしい一冊です。

努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。(ヘンリー・フォード)

また、一度始めたものを継続するのもなかなか難しいです。
人はすぐに結果を求めますが、一日や二日で結果は出ません。
逆に、すぐに結果が出たら、自分らしさのないつまらないものになります。
行動を続けていくうちに自分らしい習慣となり
人とは違うオリジナリティのある自分をつくり出せるのです。
この自分らしさを楽しめれば、継続もつらくなくります。
また、毎日、小さな達成感を味わえるように習慣を記録していくと
良い結果が生まれてきます。
私はiPhoneのEvernoteやGrid Diaryにログを残すようにしています。
ブログや日記に自分のアクションを記録すると自信が出ますよ!

今日も読んでいただき、ありがとうございます!
  
photo credit: AdamKR via photopin cc

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る