幸福の習慣(トム・ラス&ジム・ハーター著)の書評 人はどうしたら幸福になれるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人はどうしたら幸福になれるのでしょうか?
その問いかけに答えてくれる良書が
最近、読んだトム・ラス&ジム・ハーター著の幸福の習慣です。
本書は、調査会社のギャラップが50年以上かけてきた調査の集大成になっており
この本を読めば、幸せになる方法を体系的に知ることができます。

スクリーンショット 2015-01-21 14.28.47
世界人口の98%にあたる150カ国で、トム・ラスとジム・ハーターが分析した結果
幸福になるためには以下のの5つの要素が重要だとわかりました。

「ウェル・ビーイング(=幸福・人生の満足)」とは1、仕事に情熱を持って取り組んでいる 2、よい人間関係を築いている 3、経済的に安定している 4、心身共に健康で活き活きしている 5、地域社会に貢献しているーこうしたさまざまな要素が一体となっている状態です。最も重要なのは、この5つの側面が互いに関わり合っていてこそ、私たちが本当に人生に満足し、幸福を実感できるということです。

その中でも、特に1の仕事に情熱を持って取り組んでいる人が
幸せになると本書では力説されています。
自分の人生で仕事を楽しんで、満足している人ほど
長生きしているというデータには驚きました。

ギャラップ社の創設者ジョージ・ギャラップが1958年に行ったある調査では、人が90歳以上まで長生きできるかどうかは「仕事の幸福」次第であることが明らかになっています。この調査で、彼は95歳以上のアメリカ人を何百人もインタビユーしました。1950年代のアメリカでは、男性は平均65歳でリタイアしていましたが、95歳以上まで長生きしている人は、平均80歳まで働いていました。しかも驚くべきことに、彼らの93%は「仕事に非常に満足していた」、86%は「仕事がとても楽しかった」と答えていたのです。

それでは、人はどうすれば、仕事で満足できるのでしょうか?
本書では以下の3つの要素を習慣化するとよいと書かれています。
仕事の幸福度を高める3つの習慣
■自分の強みを毎日活かせるように仕事を組み立てる。
■自分の成長を応援してくれる人を見つける。
■職場の仲間、チームメンバーと一緒に楽しむ時間を持つ。

ビジネスでもやはり好きなことをやるのが良いようです。
それも、自分をサポートしてくれるメンターや
良い仲間と一緒にビジネスをするとより効果があります。

仕事の幸福度が高い人は、毎朝ワクワクして目覚めることができます。家で仕事をしている人でも、学生でも、会社で仕事をする人でも同じです。日々、自分の強みを活かすチャンスに恵まれ、強みを磨いて成長できていると、毎朝期待とともに目覚めることができるのです。仕事の幸福度が高い人は人生の目的(=自分の使命)がはっきりしていて、それを達成するための中問目標もはっきりしています。その一つ一つの中間目標を達成するためのプランも持っています。

仕事が楽しければ、朝も早起きできます。
やはり、人生の目的を明確にして、仕事の中に強みつくるのが良いようです。
幸福を感じるためにも、ワクワク感を持って仕事ができるよう
仕事の中にいつも楽しさを見つけたいものです。
また、日々の生活や仕事、人間関係がうまくいけば
幸福になれるのですから、感謝の気持ちを持ち続けたいものです。

名経営者の佐治敬三氏も次のような名言を残しています。

とにかくワクワクしながら仕事をしてみろ。そうじゃないと人生は面白くならないぞ。(佐治敬三)

今日も読んでいただき、ありがとうございます!

   

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る