憂鬱な気分を撃退するたった一つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

仕事が忙しくなると、睡眠が減り、気分が優れなくなります。
今日のような雨の日は余計憂鬱になります。
一度気分が落ちると、なかなか立て直すのが難しくなりますから、注意が必要です。
気分を落とさないように、私が習慣化しているのがアフォメーションです。

スクリーンショット 2015-02-18 8.33.59

そこで、今朝はアルフレッド・アドラーの言葉を読み返してみました。

憂うつ?他人を喜ばせることを毎日考えてみることです。そうしたら、きっと二週間で全快しますよ。いいですか、不幸になる人は、自分のことだけを考えているんです。(アルフレッド・アドラー

意識を何にフォーカスするかで、感情は変わります。
今朝は、アドラーのこの言葉を読んだ後で
昨日の行動を振り返ることにしました。
昨日が素晴らしい一日であったことを思い出すことで
自分の人生が価値があるものだとポジティブに評価できるのです。

コミュニケーションをとった仲間との会話を思い出し
皆さんへの感謝の言葉を考えてみました。
心の中でありがとうとつぶやくことで、気持ちがリラックスできます。
昨日の会話やアドバイスで仲間に貢献できたと思えれば
自分に価値を見出せます。
そして、そこから自分を好きになれるのです。

今日が昨日の延長で良い日だと思えれば、気分はスッキリします。
フォーカスすることを「楽しい」に変えるだけでで
憂鬱な気分を撃退することができました。

感情は自分でコントロールできます。
仲間の笑顔のために行動すれば、良いのです。
何をすれば、喜んでもらえるかを考えれば
脳がアクティブに動き出し、ハッピーになれます。

自分の殻に閉じこもると、ろくなことを考えなくなります。
ネガティブな感情に支配されそうになったら
フォーカスするものを変えるだけでよいのです。

人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生はきわめてシンプルである。アルフレッド・アドラー

自分の人生をよくするのも悪くするのも、結局は自分の選択なのです。
人生はシンプルだというルールを思い出して
フォーカスするものをよくしていけばよいのです。

憂うつな出来事があったなら、すぐにフォーカスするものを変えましょう。
私はすぐに、Evernoteのアフォメーションを読むようにしています。
元気になる言葉を読み返し、自分の仲間のことを考えるのです。
何で自分が貢献できるのかを考えれば、すぐにワクワク感を取り戻せます。
憂鬱な気分になりそうになったら、まずは元気になる言葉を読み返し
他者に貢献できる自分をイメージしましょう。
これで、多くの場合は、立ち直れるはずです。

幸せの三要素は、自分自身が好きかどうか。よい人間関係を持っているかどうか。そして、人や社会に貢献しているかどうか。

久々にアドラーの言葉を読み返して、ブログを書いていたら
いつの間にか元気を取り戻せていました。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
  

photo credit: Claire, Amsterdam via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る