「したことは返る」の法則を信じて、思考と行動を変えてみよう。

他人に人生を支配されることほど辛いことはありません。
感情をコントロールすることを覚えれば、このジレンマから解放されると
C・ジェームス ジェンセン潜在意識をとことん使いこなすの中で語っています。
スクリーンショット 2015-03-05 15.00.59
では、どのようにすればよいのでしょうか?
まずは、他人の言動に動じないことを決めましょう。
思考法を変えて、相手の言動をコントールすれば、よいだけなのです。

他人の言動には、あなたを心から悩ませたり、苛立たせたりする力はない。相手があなたを煩わすことを、あなた自身が許しさえしなければ、だが。他人があなたを悩ませる唯一の手段は、あなたの思考を通して働きかけることなのだ。(C・ジェームス ジェンセン

思考は創造性がとても高いために
他人について考えたり、感じたりしたことを
私たちは、実際に体験してしまうのです。
これでは、人にコントロールされるのと同じで
自分らしさを保てず、疲れてしまいます。

たとえば、怒りを感じるとき、あなたの心の中では4つのことが段階的に行われている。まず、相手が言ったことについて考え始める。その後怒ろうと決め、怒りの感情を生み出す。それから行動を起こそうと考える。おそらく言い返したり、相手と同じことをして返すだろう。そしておわかりのように、思考、感情、反応、行動のすべてが心の中で行われている。

まずは、人らしく生きるために
自分の意識と行動を変えててみるのです。
相手に敬意を払い、感謝する気持ちを持てば
やがて、相手の思考と行動が変わり始めます。
自分を大切に考えているのは、相手も同じなのですから
まずは、あなたが大人になり、相手に善意を示せばよいのです。

もし、あなたが自分を理解してもらいたいのなら
あなたの方から相手に歩み寄ってみましょう。
自分を非難されたくなかったら、相手を心から認めるべきなのです。
自分が「したことは返る」の法則を信じれば
相手を認め、敬意を払うことからスタートできるようになります。

けれども、精神的に大人になると、他人からの批判や憤りに対して、否定的に反応しなくなる。つまり精神的に大人になるとは、心の揺れを抑え、相手の批判をものともしない雰囲気を身につけることだ。人生の目的に心を集中し、どのような人や場所、ものにも、あなたの心の内の平和や安定、そして輝くばかりの健康を邪魔させてはならない。

自分の目的に人生を集中させないと、なりたい自分にはなれなれません。
自分が大人になって、相手との関係を良くしてみましょう。
まずは、自分の思考を変えて、精神的に大人になることを目指すのです。
これが身につけば、無駄な考えに左右されず
クリエイティブな時間を作り出せるはずです。

潜在意識は、あなたが習慣的に考えていることを再生する記録装置です。
他人について好意的に考えることは、自分を好意的に考えることと同義なのです。
他人に対する恨みや憎しみは、心の毒ですから、捨て去りましょう。
人に悪意を抱けば、自分にも悪意を感じるようになってしまいます。
他人に振り回されないためには、親切になり、感謝の気持ちを持つことだという
C・ジェームス ジェンセンの言葉にはとても共感しました。
良い習慣を身につけましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
  
photo credit: Day 74 via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る