自分で課した制限以外、人間には何の制約もない。

アメリカのモチベーション・スピーカーのデニス・ウェイトリーの以下の言葉を
毎朝、アフォメーションとして読んでいます。

願望は、強力な磁石のようなものだ。願望は、人を夢中にし、計画を進行させ、道を切り開き、後押しし、激励し、ついには目標を達成させる。(デニス・ウェイトリー)

スクリーンショット 2015-04-10 10.11.28
デニス・ウェイトリーのこの言葉から、私は、毎朝勇気をもらっています。
夢は叶うと思えば、朝、起きるのも辛くなります。
願望によって、夢は叶うという事実を、私は潜在意識に植え込んでいるのです。

脳力開発研究家でもあるデニスは、人間は無限の可能性を持っていると言います。
彼の言葉を知ってさえいれば、言い訳を捨て、諦めない心を養えるのです。

UCLAの脳研究所では、人間の脳の創造量の最大は無限だろうと発表している。つまり、自分で課した制限以外、人間には何の制約もないのだ。

自分で自分に制約を設けなければ、可能性は飛躍的に広がります。
もう年だからという言い訳はやめたほうが良さそうです。
年齢や体力など、いろいろな制限を設けることで
自分の可能性を狭めてしまっているのです。

成功する人間が絶えず考えるのは、自らの願望であって、決して自らの限界ではない。

デニスの言うように、思考や言葉を変えることで
自分の世界をポジティブにできるのです。
願望を絶えず意識して、アクティブに行動するために
私は、デニスの多くの言葉をアフォメーションとして活用しています。
自分をコントロールできるのは、自分だけなのですから
限界を設けないために、いつもワクワク感を忘れないことだを私は意識しています。

人生には「限界」というものが、たった一つだけ存在している。それは、「自分が決めた限界」である。

私はもともと怠け者なので、言葉の力で人生を変えようと思いました。
自分が決めた限界は、ろくでもないと思うことで
チャレンジするのが辛くなくなりました。
また、一人の力だけでは 、限界がありますが
良い仲間を持つことで、多くの障害を乗り越えられることを学びました。
多様な個性を持った人が集まれば、大抵のことは解決できるのです。

良いと思った言葉を潜在意識に刷り込むために
私はEvernoteに多くの名言を保存しています。
アフォメーション」と題したノートを読むことで
気持ちをポジティブに保てるのです。
名言を習慣化すると、怠け心を改善できます。
毎日、良い言葉を読むことで、日々、脳をアクティブにできるのです。
私は良い言葉を見つけたら、すぐにEvernoteに保存して
いつでもiPhoneで読み返すようにしています。
最後にデニスの大好きな言葉を紹介して終わります。

勝利とは、長い間に形成された心の習慣のこと。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  
photo credit: USTWO – ODI Meetup via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る