小さな行動の習慣化に勝るものはない。コツコツとブログを続けると何が起こるのか?

いきなり大きな目標だけを設定すると失敗する可能性が高まります。
大きな目標と同時に日々の小さな目標を設定して
挫折をなくすことで、結果が伴うようになります。
日々の行動を促す小さな質問を継続するだけで、毎日が変わり始めます。
スクリーンショット 2015-04-12 13.20.20
例えば、私は朝が辛い時に
「早起きしたら何でワクワクできる?」とポジティブな質問を投げかけます。
私は「ワクワクするために、昨日の感謝日記をつけよう!」と答え
言い訳をストップして、すぐに、起きるようにします。
体を動かし始めれば、気持ちもアクティブに変わります。
この感謝日記を書くことで、良い1日のスタートが切れ
次の行動をやりやすくなります。

このように小さな簡単なことの繰り返しで、毎日を変えられます。
行動を促す質問を繰り返すことで、行動を自動化できるようになります。
小さなことでもよいので、少しづつだけれども
毎日必ず出来ることを続けることで、習慣が定着するのです。

習慣は意識してするものではなく「身体的」なものです。脳科学の研究によると、人間の行動の95%は無意識によるもので、意識的に行うのは5%ほどといわれています。大きな野心があるからといって、いきなり強固な意志を要する努力を始めても、身体がついてきてくれません。しかし小さなことであれば、最初に少しがんばって続けてやれば、あとは身体的なリズムになって定着していきます。習慣化するにはスケジュールに落とし込み、意識してやり続けるうちに、だんだん無意識化していく。これをくりかえすことによって、たいていのことは毎回「やろう」と努力しなくても習慣化されてできるようになっていきます。(塚本亮

小さな行動でも毎日続けて、自分の身体のリズムにできれば
自分の習慣として、定着します。
この習慣を増やしていけば、無意識でできることが増えていき
やろうと努力しなくても、毎日を素晴らしくできるようになるのです。

また、良い質問を習慣化できれば、アクティブに行動できるようになります。
行動を最大化できれば、多くの人に出会えるようになります。
いつもと違う人に会うことで、新しい考え方を学べたり
面白い人を紹介してもらえます。
ネットワークが大きくなれば、より良いチャンスに遭遇する可能性が高まります。

これで大きな目標に近づけるのです。
行動を継続しているうちに、いろいろな人が引き寄せられてきます。
本を書き続けるために、このブログを毎日書いていたら
多くの人からお声がけいただけるようになりました。
「誰かの役に立つことを今日も書こう!」という思いで
記事を書き続けていると、会いたい、話したいというメッセージをいただけます。
こういった方とは実際に会ってみて、話すことで
お互いの知恵や体験が共有できるようになります。
共有されたことをしっかりと覚えておいて、誰かにパスを蹴ることを
私はいつも意識しています。
出会った方を誰かとつなげたり、一緒のプロジェクトに誘うことで
面白い化学反応が起こります。

ブログを書き続けたおかげで、アクティブな人が引き寄せられるようになり
本当にワクワクする話が、舞い込んでくるようになりました。
書くことを習慣化して、4年以上が経過しましたが
この習慣によって、私の人生はどんどん面白くなってきました。
小さな行動の効果をバカにしないで、継続していきましょう。
コツコツとブログを書くことで、人生は本当にポジティブになっていきます。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
  
photo credit: Anzac Day two-up, IV via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る