Apple Watchは私の健康をコントロールしてくれる大切な仲間!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ちょうど私がファスティングを始めた2週間前に
タイミングよく予約していたApple Watchが自宅に届きました。
スクリーンショット 2015-05-26 8.26.49

Appleはランニングやサイクリング、ジムでのトレーニングだけが
フィットネスではないと言います。
フィットネスとは1日を通じてアクティブに動くこと」と定義しているのです。
この考え方に私は共感して、私はApple Watch
エクササイズをコントロールすることにしてみました。

Apple Watchは階段の上り下りやウォーキングといったあらゆる体の動きを測定してくれます。
私が立ち上がった頻度まで記録してくれるので、動くことを絶えず意識できます。
アクティビティアプリケーションには3つのリングが表示されます。
■「ムーブ」は消費したアクティブカロリーを表示。 
■「エクササイズ」は早歩き以上の運動を行った時間を分で表示。
■「スタンド」のリングは休憩するために席から立ち上がった頻度を示します。
スクリーンショット 2015-05-26 8.27.19

「ムーブ」は、自分で消費したいカロリーを選択できます。
私は1日の目標を810Kcalに設定しました。
この何日かカロリーをチェックを続けていますが
なかなかこのハードルは高く、目標達成ができません。
私のようなホワイトカラーは意外に運動できていないことが
Apple Watchのおかげでわかったのです。

この数字のおかげで私の意識がポジティブに変わりました。
せっかくファスティングをスタートして、カロリーコントロールを始めたのですから
少しづつ運動を付加して、より健康な体を目指そうと考えたのです。
不思議なことに左腕のApple Watchがあることにより
810Kcalを消費することが大きな目標になったのです。

まずは移動の際に、ちょっと遠い駅まで歩いてみようと思えるようになりました。
また、駅のエスカレーターを一切使わなくなったのです。
エスカレーターの前で、Apple Watchを見ることを習慣にすることで
階段を選択できるようになったのです。
時計一つで、ここまで変わるものかと思いますが
本当に私の中で足を使うことを意識できるようになったのです。

しかし、何日か試してたのですが、これだけだとなかなか目標達成ができません!
そこで、今朝から少し長めのウォーキングを復活してみました。
3月、4月と忙しかったために
距離が短くなっていたウォーキングの距離を、元の3Kmに戻してみたのです。
今朝からリスタートしたのですが、朝のこのウォーキングだけで
ほぼ200Kcalを消費できました。
これを毎日継続すれば、目標達成できそうな気がしてきました。

ファスティングで摂取するカロリーをコントロールしながら
ウォーキングと軽めのエクササイズで自分の健康を取り戻したいと思います。

嬉しいことに、今朝、体重を測ったら2週間前より3.5Kg減量できていました。
当面の目標の悪玉コレステロールを基準値以下に落とせるように
Apple Watchを活用して、自分をコントロールしていきたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

   

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る