• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これからの人生、下り坂と決まったわけじゃない。まだ50代なら、この先5年でも10年でも、今よりもっと元気に生きていける可能性が十分にある。冗談ではない。嘘ではない。もちろん生物学的に「歳には逆らえない」部分もある。最大心拍数は加齢にともなって落ちていくし、それなりにしわや白髪も増えてくるだろう。しかし加齢にともなう肉体的変化の70%までは、その気になればある程度まで逆らえるものだ。もちろん、座して加齢に抗することはできない。大事なのは「その気」になって行動を起こすこと。まだ50代、あなたならできる。(クリス・クロウリー)

スクリーンショット 2015-06-15 13.24.51
若返る人―50歳のまま、80歳、それ以上を迎える方法
クリス・クロウリー、ハリー・ロッジ著)には
50歳ののまま、80を迎えるという若返りの秘訣が書かれています。
「人間は誰でも1年に1歳ずつ機能的に若返ることができる」と著者たちは力説しています。
そして、そのためには、生き方を変える必要があるのです。
早すぎる死の70%までは、生活習慣病が影響しているのなら
そのもとを断ち、自分の生活を改善していく必要があります。

そして、著者の一人であるドクター・ハリーによれば
その改善ポイントはたったの3つだけなのです。
■運動
■栄養(体に良い食材)
■参加(人との関係)

「私たちは脳に成長の信号を送ることによって、機能的に若返ることができる」
ハリー・ロッジは言います。
そのために「運動、栄養、参加=健康のケアが鍵になるのです。
その気になって、生活習慣を変えさえすれば
50代以上の病気を半分以下に減らせるのです。

私たち現代人は狩猟時代の常識とはかけ離れた生活をしています。
運動しない=病人のような暮らしを選択することで老化を早めているのです。

あなたが身体を動かさなければ、身体は食糧不足を感じ取って警戒信号を発し、脳と肉体を衰弱モードに切り替える。こうして「老化=衰え」が始まる。だんだん活力がなくなり、無気力になる。新陳代謝が落ちているから、余分な食べ物はすべて脂肪として蓄えられる。免疫系も半分寝ているから病気になりやすい。使わないから筋肉は減り、関節は固くなる。その昔、寒い冬に洞窟でうずくまり、震えながらひたすら春を待ったように。あなたの身体は、もう衰弱モードに入っているかもしれない。それは私たちの意思とは無関係に始まるし、いつ始まるかわからない。身体を動かさなければ、運動しなければ、今すぐにも衰弱信号が送られてくる。(ハリー・ロッジ

太古の昔に私たちは日々走り回って、狩りをしていたのです。
運動は日常に欠かせないものだったのですが、私たちはそれを避けています。
結果、現代人、特にホワイトカラーは狩猟時代の病人のような生活を送っているのです。

あなたが身体に対して行うことのすべて、食べるもののすべて、考えたり感じたりすることのすべてが、何億年も前に身体に刻み込まれたルールに従って、あなたの身体と脳を変えていく。身体を動かし、積極的に人と交われば元気信号が発信され、大きなうねりとなっていく。正しいメッセージを送れば、数十億年の進化の賜物を味方につけることができる。少なくとも現代社会では、運動が私たちの肉体と身体脳を調和させる唯一の方法だ。それを正しく行えば、あなたは「若返る」だろう。文字どおりの若返りは無理だが、いくらかは若さを取り戻せる。(ハリー・ロッジ

私たちは運動することで、70歳になっても、50代のままでいられるのです。
実際にクリス・クロウリーの話を読めば、それが事実だとわかります。

70代の患者のクリス・クロウリーと40代のドクターのハリー・ロッジ
掛け合いで構成される本書はとても読みやすく
運動を自分ゴトかできるように作られていいます。
ハリーの医学の話とクリスの過激な発言のバランスがよいので
読み進めるうちに運動したくなってきます。

最後にドクター・ハリーの7つのルールを紹介します。

1、これからずっと週に6日は運動する。
2、これからずっと週に4日は有酸素運動をする。
3、これからずっと週に2日は筋肉トレーニングをする。
4、収入より支出を少なく。
5、クズを食らうな!大事にしよう。
6、大事にしよう!
7、誰かと深く関われ。

「過去とはきっぱり訣別し、未来に向けて新たな一歩を踏み出すのだ!」という 
クリスの言葉に触発されて、筋肉トレーニングにもチャレンジしようと思います。
なお、本書と脳を鍛えるには運動しかない!
(ジョン J. レイティ、エリック ヘイガーマン著)
を併読すると
より運動したくなるはずです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
   

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る