私たちが短所と呼んでいるものは、間違って使われた長所に過ぎないのです。(リズ・ブルボー)

スクリーンショット 2015-06-22 6.47.58

あなたは誰?―すべてを引き寄せている〈自分〉をもっと知るために
リズ・ブルボー著) の中のこの言葉を読むと
自分の短所を長所に言い換えてみたくなります。
リズは視点や思考を変えることで、人生は変わると本書で解いています。

今の自分を作り出しているのは、結局は過去の自分の思考です。
今が悪い状態であれば、過去の思考や選択が間違っていたのです。
このルールを理解すれば、今の思考をよくできるはずです。
これで、未来は確実に変わり始めるのです。

リズ・ブルボー創造的ビジュアライゼーションと言われる
イメージの力で未来を変えられる!と私たちに教えてくれています。

創造的ビジュアライゼーションと言われるものです。面白くもないことに時間をかけるのはやめて、将来そうなってほしいことを心のスクリーンにありありと思い描く、という練習を始め、それを習慣にまで高めていくのです。なにかをしていて面白くないと感じられたら、すぐにそのことをやめ、目をつぶって心の内側を眺め、あなたが望む人生の様子をありありと思い描くようにしましょう。あなたに起こったいやなことを、意識の中で自分の望むことに置き換えてみるのです。その出来事、そしてそれに関わる人たちをまず思い描き、それをあなたが望むように変化させるのです。

ネガティブなことを感じたら、そひことを考えるのをすぐにやめましょう。
面白くないことを考えるのは、今すぐ止めてしまうのです。
自分の今の思考が未来の自分を作り出すのですから
悪い感情は捨てて、いい気分になれるように思考を置き換えてみましょう。
意識の中で自分が望む未来を考え、そのイメージをどんどん膨らましていくのです。
このイメージを映像化して、ビジュアルボードにするとよいでしょう。

あなたの人生を創るのはあなた自身なのです。だとしたら、まず自分の願う人生を思い描くことから始めるべきではないでしょうか?かつて地球上に生み出されたものは、ことごとく、最初はまず心の中に思い描かれたものだったのです。

過去に成功した多くの人たちも
この創造的ビジュアライゼーションを活用して
自分の未来を描いてきました。
レオナルド・ダ・ヴィンチやライト兄弟の発明も
イメージの力がなければ、生まれなかったかもしれません。

心の中に、あなたの願う状況を細部に至るまでありありと思い描くことから始めてみましょう。 例えば、鏡を見ては、自分が15キロも体重をオーバーしているとため息をついいで、目を閉じて、心の中にある鏡に、体重が15キロ少なくなった素敵なあなた思い描くのです。

まずは、自分の望みをイメージするトレーニングから始めてみましょう。
私も当初はビジュアル・ボードを作成して
イメージを固める作業からスタートしました。
やり続けているうちに、この作業にも慣れてきたので
頭の中で良い自分をイメージできるようになってきました。
1ヶ月半前にダイエットを決めた時にも、学生時代の写真を何度も見て
自分のイメージを固めることで
わずかな時間で5Kgのダイエットに成功できたのです。

何か大きなことを始める時には、必ず
この創造的ビジュアライゼーションのメッソドを使っています。
私はこれで未来のイメージを変えることができるようになり
ワクワクな時間を過ごせるようになったのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

   

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る