iPod touch(第6世代)を早速買ってみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スクリーンショット 2015-07-18 15.21.15

新しいiPod touchが発売されたので、購入しました。
iPhone6PlusのMusicアプリの容量がオーバーしてきたために
iPod touchを検討していたのですが
久々に新製品がリーリスされたので早速、Getしました。
容量は128GB(48,800円)のスペースグレイを
Apple Online Storeから購入しました。

iPhone6Plusをしばらくは音楽プレーヤーとして使っていたので
iPod touchのサイズがとても小さく見えます。
重さもiPhone6Plusが172gと半分程度ですから、携帯が楽になります。
スクリーンショット 2015-07-18 15.29.15

また、3年ぶりのリニューアルなので、機能面も充実しています。
今回、iPhone6と同じ64ビットアーキテクチャ搭載A8チップと
M8モーションコプロセッサを搭載したことで、高速化を果たしました。
(今回発売の第6世代は、CPU性能で第5世代比で、なんと6倍になっています!)

カメラは第5世代の500万画素から今回800万画素になっていますが
こちらはiPhone 5cと同じカメラユニットが採用されているようです。
スクリーンショット 2015-07-18 15.22.15

フラッシュメモリは16GB/32GB/64GBに加え
今回Apple Storeだけで売られる128GBモデルが追加されています。
この128GBが私にとっては意味がありました。
膨大な楽曲を一度に持ち運びたいという欲求を
今回の第6世代が満たしてくれたのです。
前回、iPod classicが製造中止になる中で
この128GBモデルが音楽マニアから支持されそうです。
スクリーンショット 2015-07-18 16.10.22

また、先日リリースされたApple Musicにも対応していますから
Wi-Fi環境があればストリーミングによる多彩なプログラムを楽しめます。
まさに、Apple Musicのリリースとほぼ同時に
iPodの第6世代がリリースされたのにも、Appleの戦略性を感じます。

バッテリーはリチウムイオンを内蔵しており、連続再生時間は最大40時間となっていますから
充電を一日しなくても安心して、音楽を楽しめます。
今までは、iPhoneのバッテリーが切れると大好きな音楽が聴けなくなり
何度も寂しい思いをしてきましたが、今後はそういった心配がなくなります。
AppleはiPodファンを見捨てなかったという点を私は評価したいと思います。

今回の第6世代のiPod touchは、ガラケーユーザー、アンドロイドユーザーだけでなく
iPhoneユーザーもターゲットにした進化した音楽プレーヤーとして位置付ければ
Appleのユーザー拡大の野望が見えてきます。
iPod touch(第6世代)を多くのオタクに使ってもらえればと思い
今日は記事を書きました!(オススメです。)

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る