• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

優しい言葉は、たとえ、簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする。(マザー・テレサ)

スクリーンショット 2015-08-02 19.57.07 
強運を味方につける49の言葉本田健著)を読んでいます。
「優しい言葉」は、運を運んでくる。』という本田氏のメッセージが素晴らしく
自分の言葉の使い方を変えてみようと思いました。

相手を認めること(自己重要感を高めること)で、他者との関係を強化できます。
人は自分のことを高く評価してもらいたいものですから
相手を素晴らしい存在だと思って、よい言葉を使って
どんどん褒めるようにしましょう。
これで、人間関係を素晴らしいモノに変えられます。

もし、余裕が持てたら、どんな状況にあっても、相手を思いやる優しい言葉を使えるようになりたいものです。人が一番嬉しいと感じるのは、つらい状況にあるときに、誰かから優しい書葉をかけられることです。だから、優しい言葉を使うことは、人を励ますもっとも親切な行為なのです。たとえ、叱らなければならない状況であっても、優しい言葉で伝えるほうが相手の心に届くでしょう。運は、優しい言葉を使える人が好きなのです。(本田健)

また、相手がつらい場合には、優しい言葉をかけるようにしましょう。
本田氏の言葉で、自分がつらい体験をした時のことを思い出したのですが
優しい言葉をかけてくれた人が、走馬灯のごとく浮かびました。
彼らが励ましてくれたから、私は、今、元気に過ごせているのです。

優しい言葉を使うことは、もっとも親切な行為なのですから
落ち込んでいる人がいたら、積極的に優しい言葉を使うようにしましょう。
いつでも素晴らしい言葉を習慣化することで
感謝される存在になれるのです。

本書の冒頭に、運のいい人の定義が書かれていましたが
感性、思考、行動によって、運が変化することがわかります。

人生は、何を感じ、考え、行動するのか、で決まります。運のいい人は、普通の人よりも、いろいろなことを感じでいます。それは、感謝であったり、悲しみであったり、イライラであったりします。それを踏まえた上で、上手に人と向き合っています。また、ふだんの考え方も違います。たとえば、物事を見るときに、多面的に見ます。だから、ちょっとしたことで動揺することはないし、新しいことに対して好奇心を持って、向かうことができます。同時に、いろいろな可能性に対してオープンなので、自由に生きることができます。そして、最後に、行動です。運のいい人は、人生は、思い出でできているということを知っています。だから、行動することに喜びを見いだしています。毎日が楽しいことでいっぱいなので、気がついたら、体が動いているのです。だから、やりたいんだけど、動けないということはありません。

本書には本田氏が選んだ49の名言が紹介されています。
お礼や謝罪は朝一番で」(松本幸夫
行動のみが、人生に力と喜びと目的をもたらす。」(オグ・マンディーノ
他者を幸福にすることが、一番確かな幸福である。」(フレデレリック・アミエル)など
自分の運を良くできる言葉に出会えます。
本田氏の解説もわかりやすく、とても共感できます。
強運を味方につける49の言葉本田健著)は、何度も読み返したい一冊です。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

 

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る