1万時間の量を確保し、質を高めることで、自分を成功させる方法。

一万時間より短い時間で、真に世界的なレベルに達した例を見つけた調査はない。まるで脳がそれだけの時間を必要としているかのようだ。(マルコムグラッドウェル

スクリーンショット 2015-08-09 22.23.25
成功するには、質を高めることだとよく言われます。
マルコム・グラドウェルの1万時間の法則を見るまでもなく
量を極めれば 、質を上げることが可能です。

今はこの考え方がわかるようになりました。
1万時間は、1日1時間だと、27年の時間が必要です。
これではなかなか目標達成できません。
1日3時間でも9年かかる計算です。
このことに気づいてから、1日1本だったブログ記事を
1日3本に増やしました。
この結果、アウトプットの質も高められたのです。

大量にアウトプットするようになってからは、インプットも増やしました。
読書量をふやしたり、体験を重ねることで
書くのがますます楽しくなったのです。
誰かのために自分の体験が役立つと思えれば
インプットとアウトプットが辛くなくなります。

音楽学校でバイオリンを学んでいる生徒を、ソリストになりそうなグループ、プロオケでやっていけそうなグループ、そしてプロオケは無理でも音楽の先生になりそうな3グループにわけて練習量を比較。ソリストになりそうなグループは計1万時間ほどで、練習量が他のグループよりも飛躍的に高い。(マルコム・グラドウェル)

どんな世界でも練習が天才を生み出していると、グラドウェルは指摘します。
私は、天才になりたいわけではありませんが
自分の人生を面白くしたいと考えています。
48歳で始めたブログが、この一年で面白くなったのも
ブログを4年以上継続したからだと思っています。

訓練とは、あなたがすばらしいときに行うものではない。あなたをすばらしくするために行うものだ。

ブロガーとして遅いデビューでしたが、毎日書くことで
自分に自信を持てるようになりました。
最初のうちは書くことをやめようと何度も思いましたが
やめたら成功はできない、今が最後のチャンスだと思い
書き続けることを選択したのです。
自分を変えるためには、日々の訓練が重要で。
毎日文章を書いたほうが、上達のスピードが早いようです。

脳のためにも、書き続けるのことを止めないようにしたいと思います。
良い習慣を続ければ、やがては1万時間を達成できます。
その日を目指して、ブログを書き続けようと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Inauguração das bases comunitárias do Nordeste de Amaralina via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る