始める勇気と喜んでやり続ける根気が、成功の必須条件である。(アロンゾ・N・ベン)

スクリーンショット 2015-08-18 6.13.32
良い習慣を続けることが、成功の条件だとよく言われます。
そのためには、自分のためになることを始める必要があります。
新しいことにチャレンジするのは、とても勇気がいります。
あるいは、仲の良い仲間から行動を批判されることもありますが
これを乗り越えなくては、良い習慣は作り出せません。

私は9年前に断酒したのですが、一番辛かったのが飲み会の参加を断ることでした。
仲の良い仲間や取引先から、飲み会いに誘われるのですが
断酒を始めた頃は、飲み屋には近づきたくなかったので
この手の誘いを全て断っていました。
この時は付き合いが悪くなったと厳しいことを言われました。
今までは、私が飲み会を企画し、積極的に人を誘っていたのですから
酒をやめたということを伝えても、なかなか信じてもらえなかったのです。
私にとって酒をやめるということは、孤独との闘いでもあったのです。

人とのコミュにケーションをやめたくなかったので、飲み会以外の企画を考えました。
飲み友達以外の新しい人脈を作ろうと思ったのです。
朝活や読書会など、お酒がなくてもできる勉強会を自分でやり始めたのです。
夜型の生活を朝型に変える中で
ソーシャルメディア経由で朝時間を大切にする多くの仲間に出会えました。
ここから、パーソナルブランディングやアウトプットの重要性を理解し
ソーシャルメディアや書籍の情報をTwitterなどで、積極的にツイートし始めたのです。

5年前に思い切って、USTREAMで番組をスタートしたことで
私に大きなチャンスが訪れます。
なんと、わずか一ヶ月で出版のオファーがきたのです。
私のアウトプットも書籍向けの内容に変わっていきました。
本を執筆しているうちに、書くことが好きになり、書くことを習慣化できたのです。
この良い習慣を続けるために、私はこのブログをスタートしました。
それ以来1日も欠かさず、4年以上ブログを書き続けています。
以前は、三日坊主で短い日記も続けられなかった私が
今では1日に5000文字程度の記事を書いています。

書評を中心に記事を書いているのですが
アウトプットを最大化するためには、インプットを増やさないといけません。
そのため、私の1日は以前の生活とは全く変わってしまいました。
時間を意識し、自分のための時間をつくるようになったのです。
読書やブログのための時間を生み出すために
TVを見ない、二次会に参加しないなどやらないことリストを作成し
自分の生活を見直したのです。

また、朝は極力早起きして、書く時間を確保するようにしています。
毎日、ブログを更新するためには、朝の時間帯に書き終えておくことがポイントです。
朝一にブログを一本書いておけば、気持ちに余裕が出ます。
このスタイルを始めてからは、規則正しい生活ができるようになりました。

また、読書をする時は、隙間時間を徹底的に活用します。
朝起きてからから夜眠るまでに、5分の時間を見つけたら
いつでもどこでもKindleでの読書を心がけています。
気になった言葉や思考法は、メモに残し
移動中などを活用して、ブログのためのストーリーを考えるようになりました。
この結果、いろいろな情報が頭の中で結びつき、アイデアが浮かぶようになったのです。
私は、お酒をやめて、インプット&アウトプットを習慣化することで
以前の私とは全く違うコツコツ型の人間に生まれ変われたのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

   

photo credit: Ce sont notre histoires via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る