本多静六とブライアン・トレーシーの共通点はカエルを食べることだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

行き詰った時は、自分が変わる時(福島正伸)

スクリーンショット 2015-08-19 8.46.59
仕事で行き詰まったり、人間関係での悩みなど
人生にはいろいろなことがありますね。
辛いことが起こるとネガティブなことを考えがちですが
悲観的なことを考えすぎると、よりマイナスなことが起こってしまいます。

そんなときに、福島正伸氏のメルマガを読むとパワーをもらえます。
今朝も冒頭の言葉を読んで、元気をチャージできました。
行き詰まった時は、自分が変わる時だ!と思うことで気分転換ができます。

また、悩むのをやめて、マインドセットを行うのも良いかもしれません。
行き詰まっている理由をピックアップして
今、自分が何をすべきかを再考してみるのです。
時には、優先順位を思い切って、見直してみるのもよいでしょう!

もしまた仕事が多過ぎる時は、急ぎのものから先にやるのはもちろんだが、その次には嫌なこと、嫌いなことを先にして、好きなこと、楽な仕事を後にすることにしている。(本多静六)

私が好きな本多静六は、成功するために必要なシンプルな話をしようの中で
嫌いなことから手をつけろと言っています。
嫌いなこと、苦手なことは頭の中でどんどん大きくなっていきます。
これが悩みのタネになり、いつの間にか気持ちを落ち込ませたりします。
先延ばしをすることが、実は自分に不幸を呼び込んでいるのです。

嫌なことをやるためには、リストを作り
何がボトルネックになっているかを書き出してみるとよいです。
リスト化してみると意外にそのタスクが、たいしたものに思えなくなります。
あるいは、タスクを細分化して、今やれることに手をつけて
気持ちを楽にしておくのもよいでしょう!
タスクを細かく切り刻めば、簡単なものに思えて
あっという間に課題を解決できたりします。
これをブライアン・トレーシーサラミスライス法とネーミングしています。

そのブライアン・トレーシーは名著カエルを食べてしまえ!の中で
本多静六と同じようなことを言っています。

「朝一番に生きたカエルを食べれば、その日の最悪時はもう終わったと安心して過ごすことができる」また、「もし二匹のカエルを食べなければならないのなら、醜いほうから食べよ」とも言われる。重要な仕事が二つあったら、難しく大変なほうからやりなさいということだ。そして、すぐにとりかかり、やりとげるまでほかのことに手をだしてはいけない。(ブライアン・トレーシー)

嫌なことはできるだけ、朝一ですませてしまえ!という考え方に共感します。
嫌いなカエルを真っ先に食べて、頭の中をスッキリせるのです。
これでイライラや不安な気持ちを退治できます。
やらなければいけないことを先延ばしにすると、後で大きな痛手をこうむります。
私もなんども過去に痛い目にあってきたので
最近では、このカエルの法則を思い出して、活用しています。

成功者の共通条件は、このカエルを積極的に食べることなのかもしれません。
重要かつ嫌なタスクから手をつけることを、朝一の習慣にしたいものです。

今日も読んでいただき、ありがとうございます!

ブライアン・トレーシーの関連記事
ブライアン・トレーシーの関連記事②
   

photo credit: Two Toads via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る