Nomaというデンマークのレストランからチームワークの重要性を学ぶ。デンマーク人が世界で一番幸せな10の理由(マレーヌ・ライダル著)の書評

初めてリーダーになった人へ。リーダーになる前、成功とは、自分自身を成長させることだった。あなたが達成したこと。あなたの業績。リーダーになると、成功とは「他人を成長させること」になる。あなたの下で働く人たちをそれまで以上に賢く、大きく、大胆にさせることだ。個人としてあなたのすべきことは、チームを育てサポートし、彼らの自信をつけさせること。それ以外は何もない。リーダーの成功はあなたが毎日何をするかではなく、あなたのチームが輝かしい業績を上げるかどうかで決まってくる。(ジャック・ウェルチ)

スクリーンショット 2015-09-08 14.51.18
良いチームとは、何かと考えるときに
このジャック・ウェルチの言葉を読み返します。
良いリーダーは、チームを育てるために
メンバーに自信をつけさせることが最大のミッションになります。
チームの目標に向かって、メンバー全員が
自らの力を発揮できる場を提供するのが、リーダーの務めかもしれません。

先日ご紹介したデンマーク人が世界で一番幸せな10の理由(マレーヌ・ライダル著)の中に
素晴らしいチームの話が、紹介されていました。
NomaというレストランのオーナーRene Redzepiと彼のチームの心温まるストーリーです。

2010年、コペンハーゲンの「ノーマ」というレストランが「世界最高のレストラン」に選ばれた。イギリスの権威あるグルメ誌が毎年発表する「世界のベストレストラン50」で、第一位の栄冠を手に入れたのだ。レストラン界のアカデミー賞と称されるこの賞のセレモニーは、ロンドンで開催される。シェフのレネ・レゼピはそこヘスタッフ全員を連れていこうとした。ガンビア出身の皿洗い、アリ・ソンゴもその1人。ところが彼がイギリスに入国するにはビザが必要だった。気づいたのは直前で、セレモニーにはもう間に合わない……。やむをえず、彼を置いて、他のスタッフだけでイギリス入りすることになった。ところが、ロンドンのセレモニー会場で、ノーマのスタッフはみんな同じTシャツを着て現われた。Tシャツにはアリ・ソンゴの写真が大きくプリントされていた……。

こういった感動的な話を読むと
人はそれを体験しに行ったり、あるいは、人に伝えたくなります。
私も必ずこの話をブログに書こうと思い、ストーリーをメモに残していました。
リーダーとチームの力があれば、多くのファンを世界中に作り出せるのです。

著者のマレーヌ・ライダルが、指摘しているように
優れたリーダーは謙虚で腰が低いことが多いです。
彼らは、絶えずメンバーの力を認め、それを最大化することに力を注いでいます。
冒頭のジャック・ウェルチの条件に、まさにReneは合致しているのです。

レネ・レゼピは、輝かしい名声を得ているシェフだが、とても謙虚で腰が低い。自分の店にこれほどの名誉がもたらされたのは、ひとえにスタッフ一人ひとりの努力のおかげだと思っている。ノーマでは、それぞれの料理を担当した料理人が、自分でお客さんに料理を供するシステムになっている。これもレゼピのこだわりだ。スタッフ全員がメニューに載っている料理をすべて試食し、味を熟知している。大衆食堂のようなアットホームな雰囲気でありながら、高級レストランにふさわしい行き届いたサービス。最高級の食材を使用し、極めて洗練された家庭料理を提供する。

このレストランが面白いところは、担当の料理人が自らサーブをすることで
お客さんとスタッフの一体感を作り出していることです。
良いレストランには笑顔がありますが、Nomaもきっと居心地の良い場所なのでしょう。
NomaのFacebookの写真からも、スッタフのサービスへの姿勢が伝わります。

そして、このNomaは、実力を発揮しながら、チームの新たな伝説を作っていきます。
美味しい料理を提供しながら
しっかりとあのアリ・ソンゴを表舞台に立たせられるように
メンバー全員で努力を重ねていたのです。

2012年、ノーマは「世界最高のレストラン」を三年連続で受賞。この年、スタッフは全員でロンドンのセレモニーに出席し、アリ・ソンゴが代表として受賞スピーチを行なった。

こういった心温まるストーリーを読むだけで、私たちは幸せになれます!
最高級の食材を使用し、極めて洗練されたNomaのこの家庭料理を
コペンハーゲンに食べに行きたくなりました!
こういった優れたチームの話を読むことで、元気をチャージできます。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
   

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る