忙しい時こそ、ゆっくり生きた方が良い6つの理由。

望むものを手に入れても幸福にはなれないと知ること。誰でも自分には手に入れられないものを欲しがるものだ。望むものを手に入れさえすればすべてがうまくいくと信じている人は多い。けれども、もしそれが本当なら私たちはすでに幸福感に酔いしれているはずだ。多くの望みがかなってもなお、私たちは何かを求めてあがいている。大切なことは、望むものを手に入れることは素晴らしいことだが、それで幸福になれるとは限らないと認めることである。(リチャード・カールソン)

スクリーンショット 2015-09-09 21.53.47
お金持ちになると幸せになれると、多くの人が思っています。
お金持ちになると、やれることの選択肢が広がりますから
当然、幸せになる可能性は高まりますが
逆に、それが不幸の原因になったりもします。
あるお金持ちの人から聞いたのですが
お金の力でやれることは、すぐに飽きてしまい
幸せを感じられなくなってしまうそうです。
なんでも手に入った瞬間に、人生は面白くなくなるのかもしれません。
夢に向かってチャレンジしている方が、はるかに幸せを感じられるのです。

一人で好きなことに集中したり、仲間と素晴らしい体験をする!
あるいは、人に貢献できるなど、精神的な満足から
私は、幸せを感じられるようになりました。
今を大切にすることが、実は、幸せの入り口なのかもしれません。

また、リチャード・カールソン
ゆっくり生きることが良い6つの理由を書いています。
忙しい時こそ、ゆっくりを生きた方が
自分の可能性を広げたり、生産性を高めてくれるのです。

(1)ストレスが少なくなる(2)肉体的に健康になる(3)その場にふさわしい、親密で愛情あふれる人間関係を築くことができる(4)感動する心が生まれ、身の回りの自然の美しさを楽しめるようになる(5)心の平静と落ち着きが得られる(6)生産性や創造性が著しく高まり、集中力も飛躍的に増す。

ゆっくり生きるために私が意識していることは、深呼吸と散歩です。
深呼吸をすると、忙しい時でも気持ちを落ち着かせられ
イライラをコントロールしたり、ストレスを減らせます。
朝晩の習慣として、あるいは怒りが爆発しそうな時に
大きく深呼吸をすることで、自分を取り戻せるのです。

また、散歩をすることで、小さな変化を見つけられます。
車で移動してれば、見落としていた町や自然の変化から
新たな気づきが生まれ、脳が刺激されます。
ここから、アイデアが浮かぶことを、私は経験値として理解しているので
あえて散歩を選択するようにしています。

また、歩くことで、身の回りに存在する自然の美しさを
五感を使って実感できます。
花の美しさや香り、風の音を感じることで、人は感動します。
自然を楽しむことで、リラックスもでき
人生をより楽しめるようになるのです。
当然、歩くことは健康にもつながり
自分に自信を取り戻せたりします。

こういった小さな体験を積み重ねることで
幸せな時間を過ごせるようになります。
このように、ゆっくり生きる時間を作り出せば
人生をハッピーにできるのです。
お金もかからず、自分の決意次第で
幸せになれるのですから、ゆっくりした時間を意識したいものです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

   

photo credit: Yellow brick path via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る