ドバイでできることを考え、行動していたら、面白いことが引き寄せられていた!

生産性向上

「できないっていわないで 、できないなりに何ができるだろうかというところから、一歩始めてくださいね 」と話すんです。できないと切ってしまえば、それで終わってしまいますから。「何かできることが必ず一つはありますから、一つ探してみてください 」というんです。佐藤初女

スクリーンショット 2015-10-05 10.00.19
「できないと切ってしまえば、それで終わってしまいますから。」 という
佐藤初女氏の言葉からは勇気をもらえます。
この言葉は、料理だけでなく、あらゆる領域に応用できます。
できないと言った瞬間に、脳は諦めモードに入り、行動を起こせなくなります。
できないなりに何かできるだろうと考えれば、一歩を踏み出せるようになるのです。

自分のやりたいことを書き出して、それについて徹底的に考えてみるのです。
海外に行きたい!起業したい!本を書きたい!
誰にでも夢があるはずです。
まずはやりたいことのリストを作成しましょう。

夢をできるだけ具体的にイメージして、それを書き出してみるのです。
私は海外でビジネスをすると昨年の夏に決めて
自分の夢リストに海外ビジネスを加えました。
その夢をこのブログにも、書いているうちに、引き寄せが起こりました。
ブログの書評経由でインドネシアのジャパンフェスティバルの関係者と仲良くなり
11月には、そのイベントに仲間と出展していたのです。

また、一緒に出展したメンバーの誘いに乗って、翌月には中東ドバイに旅立っていました。
ドバイが中東のハブになり、アフリカのゲートになっていることを現地で実感し
ドバイでのビジネスにチャレンジすることにしたのです。

それ以降、現地のパートナーとの関係を深めるうちに
ついに、先週はドバイで開催されたホテルショーの出展サポートをしました。
4社の日本の企業の方々と JLEFブースでご一緒しながら
海外のバイヤーが予想以上に日本に興味を持っていることを実感しました。
思い切ってチャレンジするうちに、現地の情報が集まり始め
少しづつですが、ドバイでのビジネスが前進しています。
来年には、もう少し大きなイベントのサポートができそうです。

去年、海外に行こうと決めて、行動したおかげで
今の自分のビジネスが面白くなりました。
何もない所から、ご縁をつないでいるうちに
ドバイのパートナーや日本の企業の方との関係ができ始めたのです。
情報を発信するうちに、いろいろな引き寄せが起こり
数年前には、意識もしていなかったドバイでのビジネスをやれているのです。

来年の春先までには、ドバイでのワクワクなビジネスが拡大しているはずです。
少しづつドバイでやれることを始めていたら、だんだんと形になってきました!
できると思って行動したからこそ、ホテルショーも成功できたのだと思います。
今後も、可能性を諦めずに、チャレンジしたいと思います。

さて、今回のホテルショーの様子を日本の皆様にもご報告します。
10月7日のJLEF総会にて、現地からのレポートを交えてお話させていただいます。
ぜひ、こちらのサイトからお申し込みください。
詳細 JLEF総会概要
■日時:2015107
■総会  17:00-19:00
■懇親会 19:00-21:00
■会場:浜松町世界貿易センタービル3F
総会  WTCコンファレンスセンターRoomA 懇親会 39階東京會舘

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

   

 

Loading Facebook Comments ...

コメント