ジョン・C.マクスウェルの言葉で、一気に元気を取り戻す方法。

失敗は教師であるべきであって、葬儀屋であるべきではない。失敗は遅れであって、敗北ではない。失敗は一時的な遠回りであって、行き止まりではない。(ジョン・C.マクスウェル)

スクリーンショット 2015-10-07 16.51.51
ジョン・C.マクスウェル
の言葉を読むと元気をもらえます。
失敗は葬儀屋ではなく、教師であるべきという考え方に共感します。
たとえ、失敗したとしても、遠回りしたと思って
絶対に諦めないことが肝心です。
こう考えられれば、行動を変えられるはずです。

諦めない心を日々の習慣にできえば、成功が近づくはずです。

人生を変えたければ、日常の行いを見直すことだ。成功の鍵は、日々の日課の中にある。

最近、少し元気がなかったので、Evernoteのメモを読んで
自分を元気にしようと思い、ジョン・C.マクスウェルの名言をチェックしました。
その中に前向きな姿勢を維持するためには
自分を鼓舞するようなメッセージを読むことがよいと書かれています。
落ち込んだら、元気になる言葉を読んで
すぐに感情をコントロールしないと、ネガティブな時間を増やすだけです。

前向きな姿勢を維持するためには、その大切さを思い起こさせてくれるものが必要だ。自分が受けた賞や、自分を鼓舞してくれるメッセージを書いたポスター、手紙を利用している人はたくさんいる。あながを鼓舞するようなメッセージを書いて、それを壁に貼っておくといい。(ジョン・C.マクスウェル)

いつでも自分を前向きな姿勢にするために
私はEvernoteの中に名言集を作っています。
これを読むことで、すぐに気持ちをリカバーできます。
何人もの自分の応援団を作っておくと、落ち込んでいるのが馬鹿らしくなります。
よいメッセージは何度も見返すようにしましょう!
そんな時にEvernoteならいつでも、どこでもチェックできるから便利です。
 アンソニー・ロビンズジム・ローンズブライアン・トレーシーの言葉が
私に勇気とパワーを与えれくれるのです!
今日、紹介しているジョン・C.マクスウェルもそのうちの一人なのです。

チャンスは幸運ではなく、勇気の成果である。(ジョン・C.マクスウェル)

行動するのをやめた段階で、チャンスが逃げていきます。
私たちは、チャレンジをやめてはいけないのです。
彼の言葉を読むと、自分に足りないことがよくわかります。
日々、成長しなければ、面白いことが起こるわけがないのです。

困難を乗り越える唯一の方法は、「自分には、必ず乗り越えられる」と信じることだ。障害を小さくして乗り越えるのではない。自分を大きくして乗り越えるのだ。

自分を大きくすることでしか、困難は乗り越えられないのです。
最高な自分を作り出すためには
よい思考、熱意、楽観主義、最高な経験をもって前進することが大事です。

成功したいと思ったら、あなたの最も良い思考、あなたの最も高い熱意、あなたの最も大きい楽天主義、およびあなたの最も勝ち誇った経験によって支配されなさい。

ジョン・C.マクスウェルの言葉のシャワーを浴びることで
私は一気に元気を取り戻せました!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Nosegrab via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る