自分の音楽を奏でないともったいない。メアリー・ケイ・アッシュの名言からインスパイアされたこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ほとんどの人は、自分の音楽を奏でることなく生き、そして、死んでいくのです。勇気を出して、奏でようとすることなく。(メアリー・ケイ・アッシュ)

スクリーンショット 2015-10-21 15.19.30
メアリーケイ化粧品の創業者のメアリー・ケイ・アッシュの言葉を読むと
生きているうちに、行動したくなります。
彼女の言うように自分の音楽を奏で始めると、人生は途端に面白くなります。
私もソーシャルメディアで情報発信を始めてから
いろいろなチャンスを引き寄せられるようになり、日々、幸せを感じています。

アウトプットを習慣化することで、人から見つけてもらえ
多くの人と面白いプロジェクトを動かせるようになったのです。
勇気を出して、発信することで、子供の頃の夢だった出版もできました。

ソーシャルメディアの黎明期におじさんが情報発信するのは珍しく
私はおじさんを前面に出して、ブランディングをスタートしました。
ソーシャルおじさんズというコミュニティを作り
メンバーで出版したり、セミナーを開催したのです。
おじさんとソーシャルメディアを組み合わせたネーミングがよかったのか
ソーシャルメディア界隈で目立つことができ、多くの人とのコラボも実現できました。
日本でFacebookが流行るタイミングで活動できたことが
私にチャンスを運んできてくれたのかもしれません。

もし、このタイミングが2007年であったなら
早すぎて、うまくいかなかったかもしれません。
あるいは2013年以降であれば、誰か他の人がやっていたでしょう。
2010年から2011年というFacebookが日本で盛り上がる直前に
ブランディングをスタートしたから、私はチャンスを引き寄せたのです。
ソーシャルメディアはプラットフォームになると思い
私は2007年からTwitterやFacebookをWatchしていましたが
実際に投稿を始めたのは、ブームが来る直前の2009年からでした。
2010年にはUSTREAMでの番組配信、2011年からはこのブログもスタートしました。

勇気を持って、見よう見まねで始めた投稿や配信でしたが
できると思って、勇気を持って始めたことがよかったと思っています。
ソーシャルメディアやリアルで批判されて、何度も落ち込みましたが
諦めずに継続することで、いろいろなチャンスを手に入れられたのです。

できると思えばできる。できないと思えばそこで終わる。(メアリー・ケイ・アッシュ)

タイミングを見誤らずに、すぐに行動したことで
多くのことを引き寄せられたのだと思っています。
ビジネスと同じで、ブランディングにも旬がありますから
あのタイミングで行動した自分を、褒めてあげたいです。
タイミングが早すぎれば、社会に受け入れられませんし
逆に遅すぎれば、成果はすべて他人に持っていかれてしまうのです。

その後は、ソーシャルメディアだけでなく、iPhoneや習慣化、ダイエットなど
いろいろなコンテンツをおじさん向けに発信しています。
私の悩みを解決する書籍を読んだら、実際に自分で試して
それを書評として書くことにしたのです。

自分の変化が楽しくなり、それをコンテンツにし
アウトプットすることによって、私の人生はますます面白くなりました。
自分が変わったことを書くことで、誰かの人生に貢献できるようになったのです。

つい最近も、銀座の飲食店情報をまとめた電子書籍
銀座で女性を誘っても恥をかかない【コスパ最高な】ランチのお店セレクト12
ブロガーの西理恵さんとリリースしました。
女性とおじさんが一緒に行ける美味しいお店を12店セレクトしました。
ぜひ、銀座での接待や会食の際に本書をご活用ください。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
   

 

 

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る