平澤興氏の名言からインスパイされたこと。今日書くことが、未来をつくりだす‼︎

今日一日の実行こそが、人生のすべてである。(平澤興)

スクリーンショット 2015-10-28 19.40.51

生きよう今日も喜んでなどの著書で有名な医師の平澤興氏。
彼は「今日という1日」を大事にすることを説き続けました。
若い時と違って、52歳の私にとっては、毎日がギフトだと思えます。

以前の私はアルコール依存症で
お酒で自分の思考や感情を麻痺させ、現実逃避を繰り返していました。
適度なお酒ならよかったのですが
私の場合はお酒の飲み過ぎで、健康と時間を犠牲にしてきました。
ストレスをお酒で軽減しようとしたのですが
逆に、ストレスを増やしてしまっていたのです。

9年前に断酒してからは、私は「今」を意識できるようになりました。

今が楽しい。今がありがたい。今が喜びである。それが習慣となり、天性となるような生き方こそ最高です。

仲の良かった友人が次々亡くなるなか、体調もあまり優れなかったことから
私はドクターのアドバイスに従い、断酒を決意しました。
亡くなった仲間のことを考えると、今、生きていられること自体が
素晴らしいことに思え、感謝できるようになったのです。
今を楽しむと決めた私は、家族との時間や
自分のためのインプットの時間を大切にすることにしました。
お酒をやめたために、読書をする時間を作れるようになり
様々なカテゴリーの本にチャレンジできたのです。

また、ただインプットするだけではなく
ブログやソーシャルメディアにアウトプットすることで
結果を残せるようになったのです。
読書で得た知識を自分の体験と重ねることで
面白いアイデアが浮かぶようになり、仕事にもよい影響を及ぼしました。

一生懸命働く人は素人である。楽しんでやるからこそ百パーセントの力が出るのだ。だから仕事は楽しんでやらなければならない。

このブログを書くことは、本業ではないのですが
書き続けることで、多くの人に見つけてもらえ
チャンスを引き寄せられるようになりました。
毎日、ブログを更新することを自分に課し
それをやめないことで、私は多くの果実を手に入れたのです。
出版や雑誌の連載もできるようになり
私のパーソナルブランディングにも役立っています。

このブログ経由で仕事が始まることも、増えてきました。
ブログを習慣化することで、私の仕事の幅が広がったのです。
平澤氏の言うように、仕事やタスクを楽しめるようになると
集中力が増し、あっという間にゾーンに入れるようになるのです。

当たり前のことを日々の生活の中で、生かすことができれば、それは平凡であるが、非凡でもあります。

毎日、ブログを書くことを自分に決めたことで
私はやりがいを見つけたのです。
今までに、2695件の記事をアップしたのですが
私の中でこれが小さな自信に繋がっています。
私にとっては、ブログはある種、非凡の証で
レーゾンディテールにもなっています。
ブログをやめないことが、私の価値を高めたのです。

お酒を止めた時には、こんなワクワクな未来をイメージしていませんでしたが
先輩ブロガーの教えを守って、ブログを書き続けてきて、本当に良かったと思います。
ブログを書くことが、最初は辛かったのですが
続けるうちにだんだんと楽しくなってきました。
やめずに続けていれば、ブログは必ず未来を変えてくれます。
自分を変えるために、まずはブログをスタートしてみてはいかがでしょうか?

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
    

Photo Credit

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る