0から1までの距離は、1から1000への距離より大きい。(ユダヤの名言)

スクリーンショット 2015-11-04 9.05.07

最初の一歩を踏み出さなければ、何も始まりません。
新たな行動を起こさない限り、昨日と同じマンネリな人生を送ることになります。
人は初めてのチャレンジをする時に、先延ばしをしようとします。
特に、40歳を過ぎたあたりからは、新しいことが億劫になりがちで
毎日が単調になってしまいます。
変化を自ら求めないと、刺激がなくなり
あっという間に老け込んでしまうのです。

新しいことを始めようと決めたなら、まずは、簡単なことからスタートしてみましょう。
健康のために歩くと決めたら、今すぐウォーキングシューズを履いて歩き始めるのです。
この小さな行動が、明日につながります。
一旦スタートして、それを記録につけると、次の日も続けようと考えます。
私は前日の行動記録を、翌朝に日記に書くようにしていますが
ウォーキングのログを書くことで、毎日歩けるようになりました。
朝30分から40分のウォーキングをこれで習慣にできるようになりました。

いろいろな本を読んで、脳や体のためにウォーキングがよいとわかった段階で
すぐに、私は行動に移してみました。
もし、あの時歩き始めなかったら、腰が痛いと愚痴をこぼすばかりで
健康を手に入れられなかったかもしれません。

ダイエットも同じで、何冊かの本を読んで、まずは、痩せようと決めました。
次に、自分にフィットする方法を考え
ファスティングとグルテンフリーを選択したのです。

まずは、このブログでダイエットを宣言し、後には引けない状態を作り出したのです。
定期的に、ダイエットの進捗を報告することで
周りの人からもアドバイスをもらえるようになりました。
これで、脳がいつもダイエットのことを考え始め
食事の改善を意識できたり、エクササイズが苦にならなくなったのです。

そして、行動すれば、必ず結果が現れます。
一月後には、私の体重は5Kg減り、なんと中性脂肪が半減していたのです。
これが自信につながり、ダイエットが楽しくなりました。
もう意識しなくとも、体によいモノしか食べなくなったり
歩くのが当たり前になっていたのです。
2ヶ月で10K以上の減量でき、周りの目も変わってきました。
ダイエットを始めたこと、小さな一歩を踏み出したことで
私は、わずかな期間で、健康体を取り戻せたのです。
また、ダイエットに短期間で成功したことで
新たなブランドを手に入れることもできました。

このブログも始める時にも、いろいろ悩みましたが
始めてみたら、いつの間にか書くことが楽しくなっていました。
ゼロのままでは、ただのビジネスマンでしたが
ブログを毎日書き続けることで、私はブロガーというブランドを手に入れたのです。

インターネット時代は、欲しい情報を簡単に入手できますから
0から1のハードルを簡単に下げられます。
やる気があれば、すぐにいろいろなことにチャレンジできるのです。
やりたいことを調べる→決意する→スタートする→習慣にする→報告するという行動を
パターン化すると、いろいろなことが実現しやすくなります。
また、自分のパーソナルブランドの強化にも繋がるのです。
やりたいことがあったら、躊躇せずにすぐに始めてみましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: ONE via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る