朝には、希望と張り合いをもって仕事をはじめ、夕には、その日の仕事を終わり、感謝をもって、緊張をときほぐし、静かに喜びながら、萬物を拝む気持ちになることです。今が楽しい。今がありがたい。今が喜びである。それが習慣となり、天性となるような生き方こそ最高です。(平澤興)

スクリーンショット 2015-11-06 10.16.28

私は、毎朝、大きく深呼吸をしてから
神棚と仏壇に手を合わせることから一日をスタートしています。
今日も健康で、朝目覚められたことに感謝することを習慣にしています。
その後、グラス一杯のサンペレグリノとコーヒを飲んで
自分のスイッチをオンにします。

毎日、自分にスイッチを入れる。スイッチは勝手に切れているから(福島正伸)

まず、脳を目覚めさせるために、前日の行動を日記に書いていきます。
昨日、出会った人のことを思い出しながら
感謝の言葉を、日記に書いていくのです。
この感謝日記を書き始めてから、私の朝時間は劇的に変わりました。
感謝の心を持つことで、朝の時間を落ち着いて過ごせるようになり
イライラしなくなったのです。

感謝することで、自分の心が「豊かさ」と「幸せ」で満たされます。
少し、気分がよくなかったり、憂鬱な時でも
前日の素晴らしい時間を思い出すことで、気分を明るくできるのです。
また、書くことで「いまここ」に集中でき、嫌な感情を追い出せるようになります。
脳と体を朝から動かすことで、モチベーションを高められるのです。

今あなたが持っているものに感謝すれば、もっと多くのものを手にすることができるでしょう。もし、あなたが持っていないものを気にしすぎたら、決して満足は得られないわ。(オプラ・ウィンフリー)

また、感謝しようと思うことで、自分の生活の中から良いことを探し始めます。
悪いことにフォーカスするのではなく、良いことを見つけることで
「ありがたい」という思いがどんどん強くなり、幸せを実感できるようになるのです。

ありがとう日記をつけるといいわ。毎晩、あなたが感謝したことを5つ、リストアップするの。そうすれば、毎日に対する、そして人生に対する、あなたの見方が変わり始める。(オプラ・ウィンフリー)

オプラは、毎晩、5つの感謝をリストアップするとよいと言っていますが
私の場合は、この感謝日記を朝の習慣にしています。
夜一日を振り返り、翌朝書くほうが、私にとっては良いようです。
感謝日記を書くことで、「今が楽しい。今がありがたい。今が喜びである。」と思えると
朝時間を充実でき、一日の始まりが良くなります。
毎朝、感謝日記でスイッチをオンすると、スタートダッシュを切れるのです。
もし、あなたの朝が充実していないなら
ほんの10分でもよいので早起きし、感謝日記を書くとよいでしょう。
これで、朝時間をポジティブに変えられるはずです

冒頭の言葉は、平澤興氏の生きよう今日も喜んでから引用しました。
平澤氏の言葉を読むと、朝から元気になれますから、本書もお薦めします。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

Photo Credit

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る