• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜ではなく、朝おきて、昨日の出来事の日記を書いてください。それが 明日からはじめられる頭が良くなる方法。(茂木健一郎)

スクリーンショット 2015-11-11 9.35.29
その日の行動を一つ一つ思い出すこと、それもよかったことを思い出すことが
私の幸福感を高めていることに気づきました。
ただ思い出すだけでなく、 書くことを習慣化すると考える時間を増やせます。
私は日記を始めたおかげで、幸福感を高めながら、脳を活性化できるようになったのです。
当初は寝る前に日記を書いていましたが
翌朝に書いた方が、脳のために効果があると思い始めました。
前日の記憶を思い出し、感謝できることにフォーカスすることが良いと考え
1年前から朝の感謝日記を書き始めました。

1日10の感謝リストを日記を書くことを、私のルールにしました。
このルールによって、毎朝私は前日の良かったこと
感謝できる出来事を思い出すようになったのです。
前日のことを思い出し、さまざまな感情わを味わうことで
経験したことを記憶しやすくなります。
このような感情な伴う神経系の反応は脳の可塑性を高めると
ケリー・マクゴニカルスタンフォードのストレスを力に変える教科書に書いています。
いろいろな人との良い体験を思い出し、感謝することは、脳のために効果があるのです。

毎日、日記を書いていると幸せ指数が上がっていることを実感できます。
良いことを探すようになると大きな幸せだけでなく
小さな幸せを見つけられるようになるのです。
毎日、10個感謝できるものを探すのは、大変なことですが
慣れるとそこから幸せを感じられるようになります。
日記をつけているうちに、小さなコトの中に
隠れている何気ない幸せを発見できるようになります。
この発見が、あなたの人生を価値あるものにしてくれます。

佐藤富雄氏は感謝の記録をつけながら、未来日記を書くとより幸せになれると書いています。
感謝ノートで夢は叶う!人生の図は自分で描けるから引用します。

感謝ノートを習慣化することで、夢の実現に歯止めをかけるネガティブな心理から、あなたは解放されます。その状態で、未来のことを口に出し、文章に書いていけば、それは現実のものとなる。人間の脳が、そうするようにできているのだから、これは当然のことでしょう。(佐藤富雄

感謝することを習慣化することで、ネガティブな思考を排除できるようになります。
この視点で未来の可能性を思い描いてみるのです。
小さなことからでも幸せを見つけられるようになったのですから
やりたいことをやるだけでなく、人に貢献することなどにも価値を見出せるはずです。
夢を実現するために、利他の考えを取り入れ
リストに書き込むことで、モチベーションが高まります。

未来のことを考えれば考えるほど、人間の脳は成長していくのです。ということは、現在、想像できる夢よりも、未来において創造できる夢はもっと素晴らしく、もっとあなたを幸福にするものに違いありません。(佐藤富雄)

感謝日記を書くことで、私たちは脳の可塑性を高められます。
同時に、未来日記(夢リスト)を書くことで、脳をハッピーにできるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: diary via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る