「今度」という言葉を廃止して、新しい人に会いにく機会を増やそう。

習慣化

どんな人間になり、どんな人生になるかを最終的に決めるのは何か?こうすると決めた瞬間に私たちの運命は形づくられるのだ。(アンソニー ロビンズ)

スクリーンショット 2015-11-17 5.28.46 
人間はなかなか決められないのですが、決めることで人生は変わり始めます。
「いつか」と先延ばしをするよりも、小さなことでもよいのでやると決めて
行動を起こすことで、結果が変わり始めます。
家にいると見えないことが、外に出ることでわかります。

昨日から、北海道の北見に出張で来ているのですが
地元の生産者の方やメーカーの方とのご縁をいただき
いろいろなお話をさせていただきました。
北見のみなさんの知識や面白い体験を伺うことは、とても刺激的で
それを自分のビジネスに活かせないか?と質問することで
いくつかのビジネスアイデアが浮かんできました。

このように他者の知識と体験が、私の知恵と体験に結びつくことで
新しいアイデアが生まれくるのです。
北見と東京、北見とドバイが結びつくことで、面白いことが起こり始めそうです。

「今度」という言葉があなたを成功から遠ざけている。「今度」という言葉を廃止すればあなたの夢は実現する。(中谷彰宏)

もし、一ヶ月前に北見に来ることを決めていなかったら
昨日の出会いは実現していませんでした。 こう考えると不思議です。

今度、北見に来ようと先延ばしをしていたら、昨日の話はなかったのです。
中谷氏が1日3回成功のチャンスに出会っているに書いている通り
「今度」という言葉がチャンスを遠ざけてしまうのです。
こう考えると「今度」とか「いつか」という言葉を封印することが
自分の運を良くしてくれるのです。

「今度」ではなく、「今」を大事にすることが成功への一歩なのかもしれません。
やるとを決め、行動に移すことを習慣化することで
私は面白い人に出会えるようになりました。
行動を最大化すると、ご縁も最大化できるのです。
いつもと違う誰かに会えそうなチャンスがあれば
その話を断らないようにした方がよいのかもしれません。

時には、東京を離れることで、自分にはないものを持った人に出会えます。
価値観の違う人に出会うことで、脳が化学反応を起こします。
アイデアは、自分の脳と他者の脳の組み合わせだと考えているのですが
そこには多様性が不可欠です。
自分と近い人とばかり会っていると、知識や体験にも限りが出てきます。
できるだけ自分にないスキルを持った人に、会いに行くべきなのです。

今回、北海道に来て、そんな当たり前のことに気づきました。
時には本を読むのをやめて、移動しないとリアルな体験は得られません。
いくつかの会話を通じて、点と点が繋がり始め
そこから面白い話が引き寄せられてくるのです。
面白い人や信頼できる人から誘いを受けたら
「今度」と言うのではなく、スケジュール表を開いて
具体的な日程を決めてしまええばよいのです。

「今度、英語を習いに行こうと思っている」「今度、ぜひお会いしましょう」。「今度」という言葉が、あなたを成功から遠ざけてしまっています。 (しましょう。そうすると、具体的な日時に置き換えられるはずです。 「今度、ごはんでも食べに行きましょう」ではなく、「来週、ごはんでも食べに行きましょう」となるのです。

中谷氏は今度を廃止して、具体的な日時に置き換えろ!と書いています。
「今度」ではなく、空いている日程を提案していきましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: PC060009 via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント