健康ハロー効果の罠にはまるな!ヘルシーなどの魔法の言葉が、ダイエットの敵だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私たちは、おいしいけど健康には良くない食べ物に誘惑されると、そんなに悪いものじゃないと自分を説得する何らか理由を探すもの。(ジル・ライ)

スクリーンショット 2015-11-19 13.48.40
ジル・ライ
氏の言葉を読むと、人間の弱さを実感できます。
人は、モノや他者を評価する時に、ある特徴的な一面に影響され、判断を誤ってしまいがちです。
この一部の登頂で全体の評価がゆがめられてしまうことをハロー効果と言います。

特に、ダイエットでやりがちな間違った選択を健康ハロー効果と呼んでいます。
ダイエット中は、ナチュラルなメニューやオーガニックな食材を選びますが
私たちはここで間違いをおかしてしまいます。
サラダ中心の健康的なディナーを食べて、いい食事だったと満足します。
その後に、ヘルシーなフルーツがトッピングされているという理由で
デザートにイチゴケーキを食べてしまったら、食事を台無しにしてしまいます。
いくらにイチゴにビタミンCがあったとしても
ケーキのカロリーを考えれば、これは間違った選択であることがわかります。
人は体に良いことをした(サラダを食べた!)といい気分になると
適当な選択をしても大丈夫だと考えてしまうのです。

ケリー・マクゴニガルスタンフォードの自分を変える教室
この健康ハロー効果の危険性を指摘していました。

ヘルシーなものを注文したせいでいい気分になり、あとは適当に好きなものを頼んでしまっても何とも思わないのです。また、何かよい選択をすると、こんどは悪い選択をしても許されると決めてかかる傾向があります。研究によれば、チーズバーガーと一緒にグリーンサラダを注文すれば、チーズバーガーだけ注文した場合に比べて総カロリーが減ると勘ちがいしてしまう人が多いことがわかりました。しかし、お皿にレタスを敷いただけでカロリーが魔法のように消えるはずがありません(私の見るかぎり、ダイエットソーダにもそのようなカロリー帳消し効果を期待している人は多そうです)。つまり、サラダのせいで判断する目が曇ってしまうのです。レタスの葉っぱが健康ハロー効果を生んでハンバーガーに輝きを与えた結果、実際には体によくない食事をしていても、気にならなくなります。

何か良いことをしていい気分になると、人間は失敗しがちです。
とたんに楽しみたい気持ちが湧いてきて、ハロー効果が発生してしまうのです。
良いものを選ぶことで、普段の常識が吹っ飛んでしまい、失敗をおかしてしまいます。

最近では、多くのお菓子のパッケージにオーガニックだとか脂肪ゼロだと書かれていますが
この情報を鵜呑みにすることで、ダイエットの負け組になれます。
カロリーを見れば、それが危険であることがすぐにわかるはずですが
この魔法の言葉に簡単に騙されてしまうのです。
多くのレストランやマーケティング担当者はここに漬け込み
99%悪いものに、たった1%のいいところをくっつけて、私たちに罠を仕掛けてきます。

ケリーはオーガニックとパッケージに表示されているお菓子には気をつけるべきだと書いています。
環境に優しいオレオクッキーを食べて、健康に良いと勘違いしてはいけないのです。
環境に優しいクッキーを食べ過ぎれば、自分の体はオーガニックでなくなるのです。
オレオはあくまでオレオで、食べ過ぎれば太るに決まっています。

お菓子やケーキのコピーやキャッチフレーズをしっかりと見極めましょう。
「天然100%」「チャリティー」などの魔法の言葉
自分の目標であるダイエットの邪魔をしていないか?と注意することが肝心です。
ダイエットの敵は、実はパッケージに書かれているヘルーシー、脂肪ゼロなどの
魔法の言葉だったのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

  

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る