自分の体をいたわりなさい。体こそがあなたの暮らさなければならない唯一の場所だから。(ジム・ローン)

スクリーンショット 2015-11-20 18.37.23

ジム・ローンのこの言葉が、私をアルコール依存症から救ってくれました。
何度もお酒を飲みたくなって、挫けそうになったときに
自分を励ますために、この言葉を読み返しました。
自分を大事にすることで、やりたいことに意識が向き始めるようになったのです。
今でも自分がダメになりそうになったり、落ち込んだ時には
Evernoteにストックしているジム・ローンの名言集を読んで
自分の意識をポジティブに変えるようにしています。

いつもやっていることをやっていれば、いつも手に入れるものしか手に入らない。

お酒を飲み続ければ、時間の無駄使いが止まりません。
1日に2時間の飲酒を積み重ねていけば、膨大な時間の浪費につながります。
この時間を他のことに使えば、何かしらのプロフェッショナルになれるはずです。
(私は断酒後、書くことを習慣化して、ブロガーや著者を目指しました。)
また、飲酒によって、健康を害したり、脳に悪い影響を与えるかもしれません。
アルコールによって、当時の私は多くのモノを失っていたのです。
このままでは、寂しい人生を送ることになると考え
私は44歳の時に断酒を決意し、違う人生を手に入れることにしたのです。

今いるところが嫌なら動けばいい。木ではないのだから動けるはずだ。(ジム・ローン)

人生は自分の意志の力で、いくらでも変えられます。
今いるところが嫌なら、そこから動けばよいだけなのです。
人付き合いに疲れたり、仕事が行き詰まったら
今いるところからほんの少し距離をおけばよいのです。
(あるいは全く違うことを始めてもよいのです。)
心が疲れているなら、遊びに行って気分転換をしましょう。
海外に行って刺激を受けることで、新たな行動に踏み出せたりします。
今の現状がつらいと思ったら、自らの意志で動けばよいのです。

私は、断酒を始めてから、180度動きを変えました。
今までやってきた悪習慣をリスト化し、正反対のことを始めたのです。
夜型の生活→朝型に生活をシフトする
先延ばし→行動する
ネガティブシンキング→ポジティブシンキング
不健康→ヘルシーになる などを書き出したのです。 

特に、朝を意識して活動するようにしました。
夜の飲み屋には近づかず、朝活が行われているカフェに出かけるようにしたのです。
朝オープンしたばかりのカフェで開かれる勉強会に、参加するのはとても気持ちがよく
集まっている若者との交流が、ミドル世代の私にとってはとても刺激的でした。
読んだ本をメモにまとめ、プレゼンすることで本の読み方も変わりました。

ビジネス書を多読しながら、読書メモを作ることで
私の知識や知恵は、どんどん膨らんでいったのです。
著者たちの脳のかけらが、私の脳にくっつくことで
私の脳が拡張していることに気づいたのです。
読んだ本を整理しているうちに著者の思考が
自分の体験や知識と結びつき、私の脳は再び成長を始めたのです。
この脳の可塑性のおかげで、私の脳は元気を取り戻し
その結果、私はワクワクな気分で過ごせるようになったのです。

アルコールをやめて朝活に参加することで、私の読書スタイルは大きく変わりました。
怠惰だった私が、今では出版したり、書評ブログを毎日更新できるまでになり
自分に自信を持てるようになったのです。
動くことで私はアルコール依存症のおじさんから、著者になれたのです。
自分をダメだと感じているのなら、その理由をまずは明らかにしてみましょう。
そして、その原因を取り除くために、今いるところから動けばよいだけなのです。
ジム・ローンの3つの言葉を信じれば、必ず変われるはずです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

    

 

photo credit: Just Another Sunday Morning at the Atomic Cafe via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る