好きなことに集中することが、人生を楽しむコツだと井上裕之氏の言葉から学ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最もムダな時間とは、嫌いなことで時間を使ったり、やりたくもないことを我慢してやるというような、あとで後悔する時間なのです。(井上裕之)

スクリーンショット 2015-11-24 22.38.38
最近は、自分の嫌いなことや苦手なことをしないようにしています。
自分の好きなことしかやらないように、意識を変えています。
好きなことをやることで、集中力を高められ、結果を残せるようになります。
「いまここ」を大事にすることが、人生を楽しむ秘訣なのだと思えるようになれました。

自分の人生を決めるのは、結局は自分自身です。
他人の人生を生きない、他人に判断を委ねないことが、人生を楽しむコツなのです。

どんなことも自分で、選択しなければならない。そうでなければ、自分の人生すら、他人に決められてします。そして、自分で選択できるになるために、 成長しなければ、人生は自分で決めることは出来ない。

そして、それを決めるためには、たくさんのことを学ばねばなりません。
本を読んだり、自分を高める人と交流したり、いろいろな体験をすることで
本当に自分がやりたいことがわかり始めました。
私は最近になって、ようやく自分のやりたいことが見えてきました。

以前は、お酒を飲むことが大事で、中途半端に学んでいましたが
今は自分を変えるための時間を大切にできるようになりました。
9年前に断酒してからは、なるべく、無駄な時間を使わないように
自分をコントロールするようにしています。

学ぶことによって自分の生活や、環境を変えようと思ったら、くだらないことに、時間を費やしてる暇はないと思います。刹那的な喜びよりも、長く先に続く喜びが得られます。それが立体的に仕事に返ってきたり、自分に返ってきたり、自分のいろいろな場面に対して、影響をもたらすのです。

私はインプットとアウトプットを最大化できるように
時間の過ごし方を考えています。
時間があれば、読書のために使い
読み終わったら、必ず読書メモをとるようにしています。
著者から得た気づきを自分と読者のために
ブログにまとめることを、今は最優先事項にしています。

ブログを書き始めた4年前には
この作業がこんなに楽しくなるとは思ってもいませんでしたが
今では、この書評ブログが私の生きがいになってきました。
記事が大量にストックされることで、自分に自信を持てるようになったのです。
ブログを書き始めてから、2500本以上の記事を書くことで
私は検索経由でいろいろな方に見つけてもらあえるようになり
様々なプロジェクトに参加できるようになったのです。

また、読書や人と会うこと(インプット)を通じて
私は多くの知識や体験を得ることができました。
様々な体験が私を成長させ、課題を解決するヒントを与えてくれるようになったのです。

人生には多数の問題が、横たわっています。その問題を解決するものは、究極的には学びと行動です。学びと行動以外に、問題を解決する方法はありません。

インプットと行動の最大化によって、私は課題解決で困らなくなりました。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
   

photo credit: BE via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る