毎晩、テレビを見る時間を削って、一日一時間を読書に充てよう。(コリン・ターナー)

成功とは過程である。その過程での姿勢や習慣の成果のことなのである。(コリン・ターナー)

スクリーンショット 2015-12-14 8.53.11
今朝はあなたに奇跡を起こすやさしい100の方法で有名な
コリン・ターナーの言葉を読むことから、一日をスタートしました。
彼は小さな積み重ねを重視して、習慣についての名言を数多く残しています。

すべての偉大な達成は、小さな達成の積み重ねの結実である。

私がこのブログを書き始めて、5年近くの時間が経過しました。
毎日インプットとアウトプットを続けていると、少しずつですが自分を変化させられます。
この少しの変化を大切にしていくと、そこに大きな価値が生まれます。
ほんの少しの日々の変化でも、毎日継続すれば、新たな価値は生み出せます。
その積み重ねがやがては、大きな変化をもたらしてくれます。
私の場合も、半年ぐらい続けたら、徐々に成果が現れました。
ネットに情報をアウトプットすると、いろいろな情報や人が引き寄せられてくるのです。
自分が望んでいる情報が手に入ったり、会いたい人に出会えるようになるのです。
この繰り返しが、自分の世界を広げてくれるのです。

日々の小さな変化がもらたす持つ意味が分かり始めると
インプットやアウトプットが楽しくなります。
習慣の力が人生をワクワクなものに変えてくれるのです。
読書などのインプットも少しづつカテゴリーを広げていきました。
自分を変えることを考え、なりたい自分の理想をイメージして
夢リストに書き出していくと、より効果が出ます。
潜在意識にイメージを擦り込むと、今読むべき本が見つかります。

本屋に行けば、今まで気にならなかった書籍が目に飛び込んできます。
アイデア力を鍛えるとリストに書いておくと、私の潜在意識が働き
アイデアに関する本を勝手に見つけてくれるようになるのです。

未来の自分は、今の自分が何をするかによって決まっていきます。
なりたい理想の自分を日々イメージすることで
インプットすべき情報が見つかるようになります。
何も意識しなければ、世の中に隠れているヒントを見落としてしまいますが
イメージすることで、それを見つけられるのです。

私は自分を変えるために、毎日読書をしていますが
読んだ本の書評に自分の考えや夢を書き加えると
不思議なケミストリーが起こります。
読者の方からブログへのフィードバックをいただくことで新たな気づきを得たり
人を紹介してもらうことで、新たなプロジェクトが始まるようになったのです。
もし、自分のアイデアを書かなければ、誰からも見つけてもらえません。
アウトプットすることで、はじめて人から見つけてもらえるようになるのです。

コリン・ターナーは読書に関して、次のような言葉を残しています。

毎晩、テレビを見る時間を削って、一日一時間を読書に充てよう。情熱は、自分がしていることに胸踊らせる、あなたの心からしか生まれないのだから。

私はこれだけでは、足りないと思っています。
テレビを見る時間を削って、一日一時間を読書に
そしてもう一時間をアウトプット当てることが正しいことだと思います。
インプットとアウトプットの習慣化こそが、人生を楽しくしてくれると私は確信しています。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

     

Book Face – 217:365 via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る