2016年に目標を達成したいなら、SMARTの法則を活用して具体的に書き出そう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

目標とは締め切りのある夢である。(ドティ・ウォルターズ)

スクリーンショット 2016-01-04 19.42.44
2016年のビジネスが今日からスタートしました。
私は、今年から幾つかの会社の取締役や顧問になり
気持ちも新たにビジネスに取り組んでいます。
早速、ビジネスの目標を設定し始めましたが
自分の夢と同じで、会社の目標でも期限を書き入れることで
目標を達成できる確率を上げられるのです。

実は、目標を設定する際に、注意しなければいけないポイントが5つあります。
それぞれの英語の頭文字をとって、Smartの法則と呼ばれていますが
その中にも期限を設けることが入っています。

具体的に目標を書くのは、結構大変ですが
このフレームワークを活用することで、目標の設定が簡単にできるようになります。
会社でも個人でも目標を具体的に書くことで、行動できるようになりますから
Smartの法則を活用して、自分の頭を整理しましょう。

目標達成のためのSmartの法則
■Specific(明確である)
■Measurable(計測できる)
■Attractive(魅力的である)
■Realistic(現実的である)
■Timed(期間を設ける)

実は、このフレームワークで重要なことは、数字を具体的に書くことです。
数字をコミットすることで、自分の中で目標が明確になるのです。

以下、参考にブログをスタートするためのSMARTを書き出してみます。
■Specific(明確である!)
自分のパーソナルブランディングのために
習慣をテーマにしたブログを
WordPressで7日後からスタートする。
■Measurable(計測できる!)
記事をストックするために、1日1本の記事をアップする。
文字数は1500文字程度にする。
■Attractive(魅力的である!)
ブログを書くことで人に知ってもらえる。
新たな出会いをデザインできる。
■Realistic(現実的である!)
半年後には一ヶ月で5万PVを獲得する。
月に2人ブログ経由で仲間をつくる。
■Timed(期間を設ける!)
明日までにブログのタイトルを決める。
デザインを3日後に完成する。
6日後に下書きをアップするなどのデッドラインを決める。

このように、5つの切り口で目標を具体的に書き出すことで
自分のやるべきことがイメージできるようになります。
特に、期限を曖昧にする人が多いですが
何月何日までに達成すると書くことで、やる気が生まれます。
逆に、締め切りを設定しないと、どんどん先延ばしして
結局、目標の達成ができなくなるのです。

会社で目標設定する場合には、誰とを意識して書き出すと良いようです。
また、メンバーとの共通認識をつくるために
具体的な数字を記入することが重要です。
5W2Hで説明することを習慣化すると話が伝わりやすくなります。
日本語は主語がなくても通じてしまうため
誰がの部分が曖昧になりがちですから
チームで目標設定するさには主語を明確にしましょう。
それ以外にも。登場人物、タスク、期限、予算などのゴールを
明らかにしておくと、チーム内での誤解も無くなります。

自分で具体的に目標を決めて、書き出すことでモチベーションも高められます。
また、書き出した目標をなんども見返すことで
その目標が、実現可能なものに思えてきます。

個人でも会社でも、2016年の目標設定をす際には
このSMARTの法則を活用して、具体的に目標を書き出しましょう。
目標を具体的に書き出すことで、夢を実現できる可能性が高まるはずです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

 

 

photo credit: hitting the spot via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る