• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

美人にキスしながら安全運転ができる人間は、キスに十分集中していない。(アインシュタイン)

スクリーンショット 2016-01-14 8.39.58

目標は、私たちの集中力を高めます。(ロバート・G・アレン)

ブログを毎日更新するようになってから、私の集中力は高まりました。
ブログで出会いをデザインすることを目標にして
書くことを続けているうちに、私の人脈はどんどん広がってきたのです。
著者や編集者、経営者など会いたかった人にブログ経由で、会えるようになったのです。

当たり前ですが、ブログに集中すると、
マルチタスクができなくなりますから、書くことに集中できます。
好きなことを無心にできることは、とても幸せなことです。
私は書くことを習慣化すること、ワクワクできるようになったのです。
そのために、私は自分がやりたくないことは、なるべくしないようにしています。
自分の価値を高めることに、できるだけ時間を使おうと意識を変えたためです。

また、ブログを書くことに集中することで、今を大切にするようになりました。
本や名言から学んだことをアウトプットするための時間を持つと
自分との対話ができるようになり、やりたいことが見えてきます。
自分の価値を高めて、世の中に貢献したいと考えるようになり
そのための努力を惜しまなくなったのです。
自分のなかに貢献という軸をつくることで、やるべきことが見えてきました。

私の強みは一緒にいる人を元気にできることだと気付き
日々、人を元気にするためには、どうすればよいかを考えています。
読書を通じて、モーチベーションを高める方法を学ぶことで
自分の行動を日々変えています。
時間を大切に使うようになり、やいたいことに集中できるようになったのです。
今に集中して、行動を最大化することで、自分に自信を持てるようになりました。
自信を高めることによって、気持ちがポジティブになり
パフォーマンスを上げられることに気づいたのです。

また、新たなチャレンジが怖くなくなりました。
行動を増やすことで、いろいろな人に出会えるようになります。
チャレンジは新たな出会いのために必要なことだと考えられれば
恐怖感を減らせ、ワクワクできるようになるのです。

出会いが次の学びにつながったり、新たなご縁のきっかけになって
自分の人生を豊かなものにできます。
元気な人の思考や行動をモデリングすることで、自分の価値も高められます。
自信のある人の言葉や行動から、勇気をもらえるようになり
どんな環境にも適応していけるようになるのです。

インプットとアウトプットに集中することで、今を大切にするようになります。
また、やりたいことが見つかれば、行動も楽しくなります。
この繰り返しによって、自信が生まれ、幸せな時間を増やせます。
目標をつくると一つのこと、今に集中することで
人生をワクワクなものに変えられるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
    

photo credit: Nothing else matters via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る