プロフェッショナルの掛け算で何が生まれるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ。(シドニー・ポワチエ)

スクリーンショット 2016-01-31 19.59.51
今日も1日バンコクでのビジネスをエンジョイしています。
週末の弾丸ツアーでタイに昨日来てから、視察とミーティングを重ねています。
バンコクの現地の方のお休みをお借りしている以上
次につなげるために、ハードに動き回っています。
東南アジアに来るといつも感じるのですが
東京とは確実に「色」が違うということです。
バンコクは1月でも30度を超えているので
暑さも影響しているのかもしれませんが、街がエネルギッシュです。

街中の高層建築の横に古い建物が同居しているのも
変化の途中のパワーの賜物かもしれません。
スクリーンショット 2016-01-31 17.56.40
また、若い人たちがみんなニコニコしているのが印象的です。
微笑みの国と言われる所以がよくわかります。

こうやって好きな時間に海外にこれるようになったのも
思い切って独立したおかげです。
広告会社の仕事も大好きでしたが、海外に出たいという思いが年々強くなり
自分の夢を実現することを決めました。
若干の恐怖もありましたが、人生を楽む自由を得たことで
毎日がワクワクなものに変わりました。

去年の10月に独立を決めてから、今年の計画を作り
実際に今年の1月からやりたいことをスタートしました。
その第一弾がタイへの視察ツアーでした。
バンコクで一緒にやるメンバーやパートナーとミーティングを重ねていますが
同じ目標の人間と話しているので、スピーディに企画が進んでいきます。

2月、3月には今回のスキームが発表できると思いますが
違う業界のプロフェッショナルとプロフェッショナルを掛け合わせて
新しいパワーを生み出していこうと考えています。
多様なプロフェッショナルのアイデアやスキルを組み合わせたり
国境を越えることで、ワクワクなビジネスが生まれてきます。

発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。(マルセル・プルースト)

いろいろな国からの視点で東京を見たり
海外のプロフェッショナルと話すことで、多くの気づきをもらえます。
そこに自分の仮説をぶつけて
相手からのフィードバックをもらうことで、新しいビジネスプランが生まれます。
今回のバンコク滞在中のミーティングでも
新しいビジネスのアイデアがいくつも生まれました。
これを確実に進めていくために、タイにも通うことになりそうです。

ドバイ、バンコク以外にもいくつかの拠点を作るべく
今年は精力的に動いていこうと思います。
2月、3月の海外の予定が埋まり始めているので
ワクワクしながら、自分の価値を世の中に提供していきたいと思います。

今日もお読みいただい、ありがとうございました

    

photo credit: Motion in Munich | 2015 via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る