すべてのことに終わりがある。一日、一週間、一か月、一年、すべていつか終わる。キャリアにも終わりがあるし、愛もいつか絶えるかもしれない。そして間違いなく、命には限りがある。私は、そう意識することを、やる気につなげてきた。(エリック・ベルトランド・ラーセン)

スクリーンショット 2016-03-05 10.25.06

メメントモリという言葉をご存知でしょうか?
ローマ時代の勝者の将軍の耳元で、このメメントモリはささやかれたそうです。
ウィキペディアから、以下引用します。

メメント・モリは、ラテン語で「自分が必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。「死を記憶せよ」などと訳され、芸術作品のモチーフとして広く使われる。

たとえ、戦いに勝利しても、命には限りがあることを
将軍に思い起こさせるためにあえて凱旋パレードの時に使われた言葉だそうです。
エリック・ベルトランド・ラーセン著
ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えようの中に
この逸話が紹介されていましたが
私たちの人生には、必ず限りがあることを知らねばならないのです。

しかし、私たちには日々トラブルが襲ってきます。

私たちはこんな時に、どう対処すればよいのでしょうか?
エリック・ベルトランド・ラーセン
そんな時にマインドセットと時間軸を変えればよいと教えてくれています。

苦難に直面すると、たいていの人がネガティブな気持ちになる。そうでなくて、人生を俯瞰で見て、いつかは終わるという意識を持つ。それは、習慣を変えようとするときの意志力を高めることにもつながる。他人にできることは、私にもできる有限の命を意識する以外にも、人生を俯瞰で見る方法はある。

嫌なことに遭遇すると私たちは、ネガティブな気分に陥りますが
人生を俯瞰で考え、時間軸を味方にすれば解決できるのです。
まずは、過去の大きなトラブルを思い出してみましょう!
今、それで悩んでいるでしょうか?
人生を俯瞰で見て、いつかは終わると考えられるようになると
行動できるようになります。
困難にも立ち向かえるようになり、克己心も鍛えられます。

自分の設定した基準と今の自分を比べればいい。基準をクリアして 、目標を手に入れようと夢見ることで 、やる気を引き起こすのだ。

また、他人との比較は意味がないと考え、それに時間を使うのはやめましょう。
自分の過去と比較して、自分が今成長しいぇいるのか?を確認したり
自分の設定した目標と現状の乖離を見ることで、足りない部分が見えてきます。
常にベストの自分を目標にすると、人はやる気を持て、成長できるようになるのです。

私にとっての成長するための手段は、「知識」と「体験」と「アウトプット」です。
知識を得るために、私は読書の時間を最大化するようにしています。
暇な時間があったら、KIndleで本を読み、自分の価値を高めるのです。
体験を増やすために、海外に出かけたり、多くの人に会うことにも時間を使います。
また、それらをアウトプットするためには
学んだことをしっかりと自分のものにしないとできません。
アウトプットすることで、知識や体験から得た学びが、強化されるのです。
この3つを意識することで、私は時間をコントロールすることを身につけ
自分のパフォーマンスを高められるようになったのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    スクリーンショット 2016-02-14 14.42.41

photo credit: Colosseum, Rome via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る