• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

決断するなら早い方がよい。細かい調整がつけやすくなるからだ。細かく調整することが、小さな進歩の積み重ねにつながる。すると次にどうなるか?どんどん楽しくなり、長く続けることで、変化が習慣になる。自己研鐙があなたの習慣になるわけだ。(エリック・ベルトランド・ラーセン)

スクリーンショット 2016-03-09 19.27.37
エリック・ベルトランド・ラーセン

ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えようの中で
決断は早い方がよいと書いています。
決めることが早くなると、行動を最大化できます。
悩む時間を捨てて、行動を優先するのです。

決断が早くなると、いろいろな調整がうまくなります。
PDCAを日々こなすことで、自分を成長させられます。
失敗した場合は、あきらめずに自分を改善すればよいのです。

私は9年前に断酒して、行動する読書を始めたことで
いろいろなことにチャレンジできるようになりました。
書籍の中で、よいことを見つけたら
著者をモデリングして、行動することにしたのです。
ソーシャルメディアでの投稿、ブログ、セミナー、習慣化など
やりたいことにチャレンジして、自分を変えていったのです。

私は、もともとは、広告会社の営業マンだったのですが
行動しているうちに著者、ブロガー、セミナー講師などにチャレンジしました。
それらを続けているうちに、様々な肩書きを手に入れ
いろいろな人と出会えるようになり、人脈を多様化できたのです。
ソーシャルメディアとブログで、パーソナルブランディングをしているうちに
ネットワークが大きくなり、新たな仕事を紹介してもらえることが増えました。
ブランディングやコーチングを組み合わせたメソッドで、経営者にアドバイスを始めたら
今年からは、ベンチャー起業の取締役や顧問になれたのです。
自己研鐙を習慣化するとよいことが本当に起こります。

「小さな進歩の積み重ねるとどんどん楽しくなり
長く続けることで、変化が習慣になる」
というラーセンの考え方にとても共感します。
日々、1%づつ前の日よりも成長しようと決めれば、行動できるようになります。
変化を習慣化すると、人生がワクワクなものに生まれ変わります。
44歳まではアルコール依存症だった私が
行動する読書によって、全く違う人生を歩めるようになりました。
情けない自分を捨てることを決めたことが、私の人生の分岐点になったのです。

まずは、断酒を決めたことが、私の変化の入り口でした。
断酒→読書→行動→ブログ→習慣化というステップを築くことで
私は面白いことを引き寄せられました。
行動を最大化し、それを習慣化することで、人生は面白くなります。
ワクワクな時間を過ごすことで、いつも幸せな気分になれるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

    スクリーンショット 2016-02-14 14.42.41

photo credit: The notebook via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る