• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ほとんどのビジネスオーナーは起業家ではなく、起業熱に浮かされた職人であると伝えている。 (マイケル・E・ガーバー

スクリーンショット 2016-03-18 16.55.09
マイケル・E・ガーバー
は、多くの起業家が失敗している理由を
「職人」「マネージャー」「起業家」という3つの人格から説明しています。 
成功できない起業家は、職人レベルの仕事しかしておらず
経営者としての思考も行動もできていないからだとガーバーは指摘しています。

経営者の多くは、職人としての仕事
例えば、美味しい料理を提供できればよいと考え、レストランを開業しますが
この職人型の起業では、成功はおぼつきません。

職人型の社長は、独立しただけで、ただただ自分のためだけに働いているのです。
料理をつくるのを楽しんでいるだけでは、ビジネスは成功しません。
真の起業家は、経営者が現場にいなくても収益を生みだす仕掛けをつくり
組織を成長させることを考え、成功を手に入れるのです。
成功者は、料理をつくるのではなく、売れる仕組みを考えるのです。
しっかりとマーケットを捉え、自分のビジネスを広げていくことを考えなければ
ビジネスは大きくなっていきません。

起業の神様マイケル E.ガーバーに学ぶ 成功への10原則の中で
そのための思考法をガーバーは、紹介しています。
第1原則の「ビジネスは、正しく創られると現在の1万倍の規模に成長し得る」から
ガーバーのメッセージを引用します。

ほとんどの中小企業は、生活の糧を得るために働くオーナーが営んでいる。やるべき仕事をしているがそれ以上のことはしていない。自分で仕事をして、仕事を作り出して、自分だけの収入をコントロールし、仕事をする場所を創り出しているだでけある。これらの商業活動は、まったくもってビジネスとは言えない。ほとんどの中小企業のオーナーは、庭造りをする庭師であり、悩める人を癒すセラピストであり、板材を加工する技術者である。つまり、経営者ではなく、作業者として、働いているにすぎない。本当の意味のビジネスとは、生活の糧を得るためや食べるためより、ずっと意味のあること。単に自分自身の上司となることより、ずっと意味のあること。より重要なこと。より壮大なこと。より可能性のあること。のために行うべきである。1万倍である。あなたは今の会社を1万倍にすると考えたなら、あなたは何をするだろうか。

未来の世界を思い描き、自分の会社を1万倍にするための
イノベーティブなアイデアを考えなければ
起業家を目指したとしても、ただの自営業者や職人で終わってしまうのです。

単に仕事へ出かけるという行為こそが、ほとんどのスモールビジネスが小さいままに留まるばかりか、小さいままで終わっていく原因になっていることを、理解してもらえるだろうか?その単に仕事へ出かけるという行為は、数えきれないほどの、数百万ものスモールビジネスオーナーがしていて、そして歴代のスタートアップ企業がしてきたことなのだ。

夢を持って起業したのであれば、この現実は寂しい限りです。
今すぐ、作業者として働くのをやめ、未来をどう変えていくかを考えましょう。
経営者が最優先すべき課題は、未来を明るくする次のビジネスモデルを考えることなのです。

起業家の仕事は、疑問をもつこと、想像すること、夢を見ること。そして、ありとあらゆる可能性を追求すること。もちろん過去ではなく未来を見なくてはならない。これが起業家がやるべき仕事なんだ。

強く思えば、前進できる。必要なのは、意志の力だけだ」という
ガーバーの熱いメッセージを読むとやる気になれます。
私も未来を見据えて、新たなビジネスモデルを生み出したいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Venture 127 via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る