• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

早寝早起きの、勤勉で、分別があって、金を浪費せず、真っ正直な人間が、運の悪さをこぼすのを見たことがない。人柄の優れた、よい習慣を持った、鋼鉄のように強く、勤勉な人間は、愚か者には想像もつかぬような悪運に見舞われたとしても、決してびくともしない。(ジョセフ・アディソン)

スクリーンショット 2016-03-20 23.27.58
9年前にお酒をやめたおかげで、早起きができるようになり
行動する時間が増えたため、結果残せるようになりました。
人生は楽しみがあまりにも多く、あまりにも短いため、眠っているのがもったいない。」と
思えるようになってから、私はめざまし時計が必要なくなったのです。
毎朝、きっちりと目が覚め、スタートダッシュを切れるようになりました。 
人生がワクワクなものに変わったおかげで、早起きが楽しくなったのです。

人生は刺激的すぎる。休暇中でも5時45分には目が覚めてしまうよ。(リチャード・ブランソン)

早起きすることで、自分の時間に余裕を持たせられます。
これで、朝時間を活用できるようになります。
私は、以下のような充実した朝時間を過ごしています。
■日記やブログを書く。
■今日やることを決める。
■健康維持のために散歩をする。
■読書をする。
■学びの時間を確保でいる。
■重要な仕事をする時間を確保できる。
■深呼吸や瞑想の時間を持つことで、リラックスできる。
■美味しいコーヒーを飲む。
自分の時間をコントロールすると、良いことが起こるようになります。
時間管理できない人とは、全く違う人生を送れるようになります。

早起きを習慣にすると、朝時間を使って、長期的な視点を持てるようになります。
大きな目標に向かって、コツコツ行動できるようになります。
私にとっては、読書とブログを書く時間がアイデアを生み出す源泉になっています。
もし、この朝時間がなければ、インプットとアウトプットの時間は半減していることでしょう。
毎朝のルーチンを決めると、それをこなすために
自分時間をコントロールするようになり、無駄な時間を過ごさなくなります。
朝から達成感を得ることで、幸せな気分を味わえます。

また、朝早く目覚めて朝日を浴びると、元気をチャージできます。
朝の爽やかな空気の中、散歩をすることで、脳と体が目覚めます。
このシンプルな習慣が、1日のパフォーマンスをアップさせてくれるのです。
自分の朝の型を作れれば、それだけで人生を明るくできるはずです!
朝の頑張りが、未来のあなたをより良くしてくれるのです。

ワクワクすることを寝る前に考えれば、気持ち良く起きられます。
人生の中で、ワクワクなものを見つけられれば
勝手に目が覚め、早起きできるようになるのです。
良いイメージを持って、眠るようにすればよいのですから
就寝前に、翌日をワクワク過ごせるように
イメージトレーニングを始めてみるのもよいでしょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Weideglück Landjoghurt, Pflaumen, Banane & Clementinen via photopin (license) photo credit: Weideglück Landjoghurt, Pflaumen, Banane & Clementinen via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る