幸運の女神は、後ろ髪がないだけでなく、目も悪いし、耳まで遠い!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

幸運の女神は目が悪くて、耳が遠い。(本田健)

スクリーンショット 2016-03-24 23.16.30
幸運の女神には、後ろ髪がないという言葉が有名ですが
本田健氏はおまけに目が悪くて、耳も遠いと言っています。
チャンスはすぐに動かなければ、誰か他の人が手に入れてしまいます。
また、何度もチャレンジしないと、女神には気づいてもらえません。
一度であきらめていたら、成功はおぼつかないのです。

この女神の話は大好きなことをしてお金持ちになるの中で、紹介されていました。
多くの人は女神の実態を知らずに、チャレンジをやめてしまいます。
しかし、やり続けなければ、女神はあなたの存在を見つけられないのです。
私は目の悪い女神に読んでもらうために、毎日、このブログを書き続けています。
そのおかげで出版や雑誌での連載、ビジネスでのご相談など
いろいろなお声がけをいただいています。
ブログを書き続けることで、私はチャンスを引き寄せらえるようになったのです。

人生は、いまこの瞬間に起きていることの積み重ねで出来ています。大切なのは、未来と過去の両方を意識しながら、現在に意識を集中することです。未来や過去に意識を向けたまま、一生を過ごさないように気をつけたいものです。

以前の私はは、コツコツやることが苦手でした。
何を始めても3日坊主で、習慣化できなかった私が
このブログだけは、長続きしているのが不思議です。
5年前に毎日、記事を更新すると決めたのですが
最初のうちは書くのがとてもつらく、苦労していました。
しかし、書き続けているうちに、私の中で何かが変わり始めたのです。

好きなことが見つからないという人はたくさんいますが、やる前から「これが才能だ!」なんてわかるはずがありません。

未来の素晴らしい自分をイメージすることで
今、何をすべきかを真剣に考えるようになりました。
私は時間の無駄使いをしなくなり、記事を書くことを優先するようになったのです。

ブログを続けているうちに、書くことが好きになり
出版を続けるという夢に向かって、行動できるようになったのです。
ベストセラーを書くという夢を叶えるための最善の方法は
書くことを最大化することとだと気づいてからは
5分の隙間時間ですら、無駄にしたくなくなりました。
書くことに集中することで、私は自分を変えることができたのです。

あなたが楽しいこと、これだったらワクワクしてしまうということをやっていくと才能が出てきます。

最初から才能がある人は、ほとんどいません。
続けているうちに、どこかでターニングポイントがきます。
それは、三ヶ月だったり、半年だったりしますが
好きなことを続けていれば、必ずよいことが起こります。
ワクワクすることで、私たちは自分の未来を明るくできるのです。
目が悪かったり、耳が遠い幸運の女神に見つけてもらうために
私たちは、絶対にあきらめてはいけないのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

photo credit: Boticelli, The birth of Venus, Galleria degli Uffizi, Florence via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る