断酒をすべき人は、アルコールを自分でコントロールできない人かもしれない。

お酒を飲むと
・飲みたいときに飲める人と
・飲まずにはいられない人 に分かれてしまって、私は間違いなく、後者になることを自覚しているからです。もちろん、昼間に飲むことはないのですが、それでも、毎晩、毎晩「ああ、やっとお酒が飲める」というような、お酒に支配された生活にこりごりしてしまいました。(勝間和代)

スクリーンショット 2016-03-28 16.59.52
ストレスを軽減したり、友人との関係をよくするために
適度なアルコールは効果を発揮します。
しかし、アルコールの飲み過ぎは、厳禁です。
飲まずにはいられない人は、自分ではアルコールのコントロールができません。
こういう人は、アルコールへに依存しやすく、人生をダメにしてしまう可能性が高いのです。

かくいう私もアルコールに依存しすぎ、貴重な人生の前半戦を台無しにしてしまいました。
飲むことが人生最大の目的になり、生きる意味を失っていたのです。
お酒に人生を支配される生活が20年続き、自分の夢をすっかり忘れていました。
これでは、面白くないと気づき、私は9年前に断酒を始めました。

「そういう人は自分ではコンロールできない」というのが結論です。なので、唯一コントロールをする手段としては「はじめから飲まない」ということを積極的に選んでいます。

勝間氏が言うように、飲まずにいられない人は
最初からお酒を飲んではいけません。
これに気づかないと、大変なことになります。
飲むたびに脳からドーパミンが分泌され、気分がよくなり
やがてはアルコールなしでは、生きていけなくなるのです。
アルコールを習慣にしてしまうと、お酒から抜け出すのがたいへんになります。

ビジネスをしている昼間の時間帯に、アルコールが欲しいなと思い始めたら注意が必要です。
自分の人生をダメにする兆候だと考えましょう。
私はアルコールに頼る生活に陥り、抜け出すのに苦労しました。

まずは、人生の目的を明確にし、日々の行動を変えることにしたのです。
やりたい夢を書き出して、 飲まない選択をすることで長生きできる考えるようにしたのです。
お酒だけの人生よりも、いろいろなことにチャレンジしたほうが
楽しい時間を過ごせます。
今、フィリピンのマニラ空港から、このブログを書いていますが
お酒をやめたから、私は世界中に出かけるようになれたのです。
これは、とても幸せなことだと思います。

もちろん、きっぱりとやめるのはもちろんのこと、毎日「今日は飲まずにすみました。ありがとうございます」と周りに感謝する、ということです。私も、毎日、お酒を飲まなくても楽しく、すてきに暮らせる今の生活に感謝したいと思います。

今の私があるのも、習慣化していたお酒を飲まないことを決めたからです。
毎日、飲まなかった自分に感謝すると、不思議と断酒に成功します。
日々の小さな幸せに感謝するようになると、お酒なしの生活を楽しめるようになるのです。
飲まずに空いた時間に何か新しいチャレンジをすれば
それにフォーカス出来るようになります。
行動と感謝の繰り返しで、断酒ができるようになります。
ここから、自分の未来を明るくする旅がスタートするのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Detener ! via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る