「失敗の最大の原因は、ほとんどの場合粘りが足りないことだ」とジグ・ジグラーは言う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あきらめずに努力し続ければ勝利を手にすることができる、ということを忘れず、自分に厳しい目標を立てる。勇気とは恐怖への抵抗であり、恐怖を乗り越えることだー恐怖がないことではない。(ジグ・ジグラー)

スクリーンショット 2016-03-31 22.50.40
ー自分で運命を変える7つのステップー好転力
の中のジグ・ジグラーの言葉が響きます。
勇気とは恐怖への抵抗で、恐怖がないことではありません。
誰でも初めてやることには、恐怖心を抱きますが
行動力のある人は、恐怖を乗り越えながら
決してあきらめないことで、最終的に勝利を手にするのです。

負けても終わりではないが、やめてしまったら終わりだ。

一度失敗したからといって、そこでやめてしまっては意味がありません。
確かに、人生は思った以上に厳しいと感じる時もあります。
しかし、そこであきらめてしまうと、良い結果は得られません。
力尽きることがあっても、降参だけはしてはいけないのです。

片足しかないブライアン・テイラーは9歳の時に自転車に乗ることを決めます。
母親から自転車を買ってもらい、何度も何度も転びます。
怪我を繰り返しても、彼は自転車をあきらめませんでした。
新しい自転車を2台壊した後で、あるアイデアを思いつきます。
自転車のペダルにストラップをつけて、足を固定することにしたのです。。
その結果、ブライアンはプロ並みに走れるようになり
今では100マイルのレースに出場し、アメリカがん学会に寄付までしています。
障害者だからといってあきらめないことで、彼は新たな世界を手に入れたのです。

ウェンディー・ストーカーは両腕がないのにもかかわらず
アイオワのダイビング大会で3位になったり、1分間に45文字のタイプができるなど
ハンディを感じさせずに、多くのことにチャレンジしています。

この二人を見ていると、人生は自分でつくるものだと考えられるようになります。
最初に配られた人生のカードは変えられませんが、プレーの仕方は自分で決められます。
どんな壁が待ち受けていても、ポジティブに捉えられれば、未来を変えられるのです。

わずかな勇気がないばかりに多くの才能が失われている。臆病心から、努力をしなかった無名の人間が、毎日墓場に送られている。(シドニー・スミス)

目の前にあるのが大きな山に見えても、それを気にしないことです。
恐怖感を捨てれば、それはただの土に見えてくるはずです。
問題をあれこれ気に病んでいても、意味はありません。
悩んでも問題は解決しないのですから、さっさと行動すべきです。
心配事があるなら、行動すべきであって、くよくよすべきではありません。

失敗の最大の原因は、ほとんどの場合粘りが足りないことだ。(ジグ・ジグラー)

あきらめずに粘り強く行動することが、成功への近道なのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Good Vibes via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る