「自分はこうなりたいなぁ」と、1年に一度しか思わない人と、1ヵ月に一度思う人では当然、一カ月に一度思う人の方が目標に近づきます。それでは1ヵ月に一度しか、目標を思い出さない人と、一週間に一度思い出す人とでは、どちらが目標を達成するかと言えば、一週間に一度思い出す人です。では、もっと目標を達成する人は、どういう人かというと、毎日思い浮かべる人なのです。(今村暁)

スクリーンショット 2016-04-02 18.47.14
3分間日記 成功と幸せを呼ぶ小さな習慣
今村暁著)には
書くことの効用が整理されてます。
夢を実現するためには、それを毎日思い出すことが重要です。
そのためには、目標日記と感謝日記を習慣化するとよいでしょう。
毎朝、目標を書き出し、それを日々実践することで
夢の実現スピードが早まるのです。

また、日記だけでなく、ブログやメルマガを書くことも効果があります。
今村氏は、以下の12の効用がブログやメルマガにはあると書いています。

1.どうしてそういう行動をしたのかをレビューするくせがつく。
2.外に向けて発信していると、説明するために筋道の通った話にするように考える。
3.文字にして説明するため、論理の飛躍に気がつく。
4.論理の飛躍を埋めようとするときに、自分の思考のくせに気がつく。
5.わかりやすい文章構造にしようと、文章のセンテンスに気を配る。
6.興味づける文章の書き方へ意識が向かう。
7.意図的に倒置したり、会話を用いたり、などなど文章を磨く努力をする。
8.まとめたモノが自分の考えなので本などになりやすい。
9.そのとぎに思考の整理がしやすい。
10.一度ならず整理して書いていると、会話で質問されたとぎに明快に話せる。
11.さらにつっこんだ質問をされたときに、自分のあり方まで明快に話せる。説明できる。
12.価値観の整理・一貫性を保つ部分・ずれている部分が明確になり、対策がわかる。

自分と対話する時間(書く時間)を持つことで、本当にやりたいことが見えてきます。
夢や目標をブログを書くためには、第三者にしっかりと説明する必要があります。
そのためには、自分のやりたいことを論理的に整理しなければなりません。
書くことで論理的な思考が手に入り、ゴールへの道筋がはっきりします。
曖昧な部分をなくすことで、今やるべきことを明確にできるのです。

ブログで人に宣言することで、もう後には引けなくなります。
これが、行動を後押し、小さな一歩を踏み出せるようになります。
この積み重ねによって、結果が伴うようになり、夢が叶いはじめます。
達成すれば楽しくなり、夢が次々に叶うようになるのです。

多くの人に読まれることで、夢をサポートしてくれる人が現れます。
アイデアもいろいろと集まるようになり、可能性が広がることで
ますます、良いことが起こるようになるのです。

このようにブログを毎日書き続けると、加速度的に目標が達成できるようになります。
ブログを書くことで、確実に自分の未来を変えられるのです。
毎日、日記やブログを書くことで、自分の目標を思い出せば
行動がポジティブになり、多くの夢を実現できるようになるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Our silhouette via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る