悩みが生じたときには、どのようにして解決していけばいいでしょうか。答えはズバリ、「行動する」しかないと思っています。悩んで気分が落ち込み、何もやる気が起きなくなることも、時にはあるかもしれません。しかし、布団をかぶって寝ていても、人生どうにかなるものではないのです。(塚越寛)

スクリーンショット 2016-04-19 14.28.27
私も人間ですから、布団をかぶって寝ていたい日もあります。
しかし、自宅でサボっていては、未来は変えられません。
今を大切にしないと、大切な未来が犠牲になってしまいます。
どんなに気持ちがすぐれなくても、布団からは必死に抜け出しましょう。
朝日を浴びて、大きく深呼吸をすれば、気分を明るくできるはずです。
悩むのは時間の無駄だと自分に言い聞かせて、行動を起こすようにしましょう。

今日という日は、悩みや後悔の硫酸で腐らせてしまうには、あまりにも貴重な日だ。(デール・カーネギー)

今の自分の時間を資産だと捉えれば、無為に過ごせなくなります。
とにかく洋服を着替えて、行動を起こすのです。
玄関まで行って、靴に履き替え、今すぐ歩き始めましょう。

何もやる気が起きなくても、歩きさえすれば、脳がアクティブに活動を始めます。
また、たとえどんあどん底にいたとしても、考え方を変えれば元気になれます。
塚越氏の次の言葉を読むと、元気になれます。

最低より下はないのですから、あとは上がるだけだと思えば、かなり気が楽になりました。あるいはそのときの状況を、自分の頭の中で映画や小説のように考えてみたこともあります。「自分は悲劇の主人公だ。今はどん底にいるけど、物語の最後には絶対ハッピーエンドを迎える。だからもう悩むな」どん底なのは現実ではありますが、いつか物語のようにハッピーエンドがやってくると思えば、やはり心が軽くなりました。

自分を映画や小説の主人公に置き換えて、未来を明るくしてしまうのです。
ハッピーエンドが待っていると妄想すれば、恐怖感を失くせます。
今が最悪だと思えたら、あとは坂を登るだけですから
ラッキーだと考えて、笑顔を心がけましょう。
最低より下はないと、まずは自分に言い聞かせて。
そして、鏡の前で無理してでも、笑ってみるのです。
人は笑顔になることで、少なくとも気持ちを元気にできますから
さっさとネガティブマインドにさよならしましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

photo credit: Missing via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る