ジョコビッチ流のグルテンフリー生活で自分を変えた私が、毎日意識した10の食習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

要は、体が受け付けない食べ物をロにしていると、体は鼻づまり、開節痛、内臓のけいれんといった形で信号を送ってくる。医者によると、私の体に発生した喘息から関節炎、心臓病やアルツハイマー病に至るまで、すべてある種の炎症なのだという。(ノバク・ジョコビッチ)

スクリーンショット 2016-04-26 6.33.20
今朝、3ヶ月ぶりに自分の体重をチェックしました。
体重計に表示された体重は58.8kg。
理想の体重にプラス300gで、私は朝から満足感を得ることができました。
ちょうど1年前の私の体重は、70kgを超えていましたが
今では、大学生の頃の理想の体重を取り戻しました。
53歳の中年男性としては、なかなかのことだと自負しています。

去年の今頃は、体重が増加し、体調が優れませんでした。
花粉症にも苦しみ、生産性も低くなっていた私は
自分の体重を元に戻して、健康体を取り戻すことを決めたのです。
ダイエット本を何冊も読み、良いと思ったメソッドを実践することにしました。
その中の一冊がジョコビッチの生まれ変わる食事でした。
ファスティングとグルテンフリーが効果がありそうだと思い
昨年の5月にダイエットをスタートして
ほぼ一年で自分をコントロールできるようになったのです。
リバウンドもなく、理想の体重をキープしています。

そればかりでなく、小麦を食べなくなったおかげで、体調がすこぶる良いです。
パンやパスタを控えたおかげで、アレルギー体質が改善したのです。
今年はひどかった花粉症にもならず、久々に快適な時を過ごすことができました。
大好きだった小麦が実は、私の体にはよくなかったことがわかりました。

小麦の代わりに私が心がけたのが、以下の10の食習慣です。
この食習慣が私の内面と思考法を変えてくれたのです。

1、朝はサラダとナッツ、ココナッツオイルの軽食
2、昼は食べない
3、甘いものは飲まない
4、小麦は基本食べない、パン、パスタ、うどんをやめる
5、フルーツを積極的に食べる
6、22時以降は食事を食べない
7、ヨーグルトを食べる
8、水分補給の回数を増やす
9、豆や海藻類を食べる
10、毎日の食事に感謝する

また、食事以外にも、軽い運動を心がけました。
移動の際に歩くことを意識し、1日10kmのウォーキングを目標にしました。
エスカレーターを使わずに階段を上るなど歩くことを習慣にしたのです。
この結果、自分の体重をコントロールできるようになったのです

健康的な食生活と運動で、私は短期間で自分を変えられました。
わずか3ヶ月で、体重を大学生の頃に戻せ、自分に自信を持てるようになりました。
外見を変えることで、自分の変化を実感でき、ポジティブになれたのです。
ジョコビッチの関連記事はこちらから

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

     

photo credit: Produce display at Wholefoods via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る