• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

創造し続けようと思う人間には、変化しかあり得ない。人生は変化であり、挑戦だ。(マイルス・デイビス)

スクリーンショット 2016-05-11 6.48.21
マイルス・デイビスの言葉を読むと、変化を恐れなくなります。
クリエイティビティを発揮しようとすれば、変化が必要なのです。
そして、マイルスは失敗を恐れずに、チャレンジを続けろと言います。

失敗を恐れるな。失敗なんてないんだ。

失敗なんてないと思えれば、人生はワクワクなものに変えられます。
このマイルスのマインドをモデリングすれば、ポジティブに生きられそうです。

そこにあるものではなく、ないものをプレイするんだ。知っていることではなく、知らないことをやる。変化しなければいけない。それは呪いのようなものだ。

音楽だけでなく、マイルスのメッセージはとてもクールで
読んでいると、心と体が躍動します。
知っていることではなく、未知なることにチャレンジしないと
面白いことは起こらないのです。

ここまで書いたところで、アマゾンで
人生を動かすなら「ジャズの帝王マイルス」に聞け!:
〜音楽の極意を人生に活かす22の言葉〜
(三木俊彦著)を見つけました。
著者の三木氏の本業はサックスプレーヤーなのですが
プロのコーチとしても活動している異色の人物です。
三木氏はマイルスの言葉にはコーチングマインドが溢れていると言います。
ジャズの帝王マイルスの言葉を読むと、一気にパワーをチャージできます。
マイルスの言葉によって、私たちは人生を動かせるようになるのです。

マイルスだけでなく、三木氏の言葉もとても刺激的で共感を覚えました。

頑張って向かうより、吸い寄せられるように勝手にたどり着く方が、はるかに楽で、スピードも速い。僕たちの人生時間は有限だ。ゴールを作って “吸い寄せられて “いこう。すると、 「才能」も後から付いてくる事になるのだ。(三木俊彦)

ゴールを明確にイメージし、デッドラインを区切ることで
私たちの夢は実現するのです。
私たちの時間は有限だと考えて、締め切りを決めることを習慣にしましょう。

誰かが助けてくれるかもしれないが、たいていは自分でやるしかない」という
マイルスの名言から、本当に自分が望むものを徹底的に自問しろと三木氏は言います。

このように、いつもとは違うことをたくさんする事で、自分に巻きつけられた思い込みという名の「洗脳を解除」し  「素の自分」になって行動する事が大事なのである。(三木俊彦)

過去の選択は誰かの影響を受けているから
一度その洗脳を解くべきだという三木氏の言葉が響きました。
素の自分との対話をするために、今後も本書を活用しようと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
マイルスの名言参考サイト
マイルスの名言参考サイト2
私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る