オレは、新しいことに挑戦するのが好きだ。新たな活力を生み出してくれるからだ。 (マイルス・デイビス)

スクリーンショット 2016-05-15 13.27.30
日曜の夜、マイルス・デイビスMy Funny Valentineを聞きながら
大人のひとり時間を楽しんでいます。
つい、最近読んだ人生を動かすなら「ジャズの帝王マイルス」に聞け!:
〜音楽の極意を人生に活かす22の言葉〜
三木俊彦著)がとてもよく
マイルスを聞きながら、その内容を整理しています。
本書のマイルス・デイビス三木俊彦氏の二人の言葉から、元気をチャージできます。
著者の三木氏の本業は、サックスプレーヤーなのですが
プロのコーチとしても活動している異色の人物です。
本書のマイルスからインスパイアされた三木氏のメッセージは
コーチの視点で書かれているため、とても学びが多いです。

次を変えるきっかけは必ずある。しかも、それは自分次第でどうにでも出来る。(三木俊彦

三木氏は過去に囚われるのは、やめるべきだと言います。
今すぐに、自分の思考と行動を変えられれば、未来を明るくできるというのです。
自分次第で未来を切り開けると考えると、気持ちがワクワクしてきます。
マイルスの言うように、チャレンジがエネルギーを生み出すと捉えられれば
新たに行動を起こすことが、ますます楽しくなります。

自分の夢は叶うものだと決めて、未来を書き換えれば、次の行動が変わり始めます。
夢の実現のために、その行動が自分の未来に相応しいかと自問すれば
正しい選択ができるようになります。

過去に起こったことは、次の自分のアクション次第でどんどん変えていける。過去なんか気にせず変えていける。未来に大きなゴールを作り、それを達成した自分になりきる。

過去のダメな行動が思い出されたら、その行動を止めれば良いのです。
TVを見る時間が相応しくないと考えたら、本を読めば良いのです。
悪い習慣を良い習慣に置き換えるだけで、自分の未来は確実に変えられます。
過去の悪い自分を見つけたら、さっさとそれをゴミ箱に捨ててしまいましょう。
新たな自分を演じているうちに、エネルギーが湧いてくるようになります。
時々、マイルスの冒頭の言葉を思い出して、ダメな自分を変えることで
私たちは未来を明るくできるのです!

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: via photopin (license)

スクリーンショット 2016-05-15 13.27.30 photo credit: IMG_2507.JPG via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る