• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いちばん大切なのは 、自分だけのサウンドだ。それがない限り、どんなメロディを演奏しても意味がない。(マイルス・デイビス)

スクリーンショット 2016-05-16 5.54.52
人生を動かすなら「ジャズの帝王マイルス」に聞け!:
〜音楽の極意を人生に活かす22の言葉〜
の著者の三木俊彦氏の本業は
サックスプレーヤーなのですが、プロのコーチとしても活動しています。
その三木氏が、マイルスの言葉をコーチ視点で次のように置き換えています。

 一番大切なのは、自分だけのゴールだ。それがない限りどんな行動をしても意味がない。

ゴールを意識した行動をしなければ、夢は達成できません。
しかし、私たちは日常のルーティンに流されてしまい
意外と夢を達成するための行動をしていません。
TVを見たり、スマホをチェックしているだけでは、ゴールに到達できません。
無意識でやっていることを見直して、目的に沿った行動をすべきなのです。

普段 “無意識”的にやっていることを、どんどん意識に上げていく。そして、その目的をいちいち吟味してみる。こういうことをしてないとヤバい。どんどん日常に流されて、訳のわからないところへ辿り着いてしまう。(三木俊彦

その三木氏が自分のルーティンを変えるためのメッソドを紹介しています。
次の6つのステップで自分の日頃の行動をチェックすれば、ダメな自分が見つかります。

1、A4紙を用意する。 2、紙をタテ線を引いて3つに区切る。 3、左のブロックに思いつく限りの “日々の行動”を詳しく書き出す。 4、真ん中のブロックに “その目的”を書く。 5、右のブロックに自分のゴールから見たら、その行動がふさわしいか○×をつけていく。 6、バツがあれば 、ゴールから見たらどんな行動がふさわしいかバツの横にメモしていく。

この作業をすると、自分に不要な行動が見つかります。
このルーティンを見直すことが、自分を変えるスタートラインになります。
未来の理想のゴールから今の自分を見ることで、自分の行動を変えられるのです。

今のダメな行動をチェックして、良い習慣に置き換えていけば
未来を必ず良い方向に変えられます。
また、世の中は激変していますから、未来を予測しながら行動しないと
あっという間に時代に取り残されてしまいます。
変化をキーワードに自分の行動をポジティブに変えていきましょう。

マイルス・デイビスの関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: Deepak Chopra Whether you like it or not, everything that is happening at this moment is a result of the choices you’ve made in the past via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る